TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

浴衣

7月4日(火)ドミ共生活7日目

今日から日系ボランティアの3人も同じ学校で過ごします。
とは言っても別々のクラスですが。
午後のレッスンはバスに乗る練習だとかで
先生と一緒にJICA事務所に行ってきました。
…にしても、なかなかバスが来なくて暑い中待ちぼうけ。
ドミニカ人の先生3人がかりでも、つかまえることが難しいのに
私たちにそれができるのかは疑問でした(^-^;)
JICA事務所に行った後、「隊員連絡所」をのぞいてきました。
ドミ共に派遣されている隊員が管理しているところで、宿泊もできるようです。
スタッフには汚いと聞いていたので、あまり期待せずに見に行ったのですが
行ってみてビックリ!
昔はエルサルバドル(多分)の大使が住んでいたそうで、
大きな一軒家で、さらにはプール(今は使用不可ですが)までありました。
金曜日にはココに泊まる予定なので、ちょっと楽しみです。

今朝家を出ると、昨日の折り紙教室(笑)にいた、Lにばったり。
どうやら彼女もすぐ近くに住んでいるようで、
「今夜ウチにおいで」と誘ってくれました。
まぁ単なる社交辞令かと思い、「できたらね。」と軽く流したのですが、
夕方帰宅後、彼女から電話があり、7時半に迎えに行くとのこと。
「R(ステイ先のお姉さん)と一緒に…?」と聞いて、
Rに電話をかわると、いつの間にか約束をされていました。
7時半に彼女が迎えに来て、9時ごろには家まで送り届けてくれるらしい。
何のためにかはよくわからなくて、
彼女の家に行くだけならジーパンでいいかな…?と思いながらも、
Lは日本人に興味を持っているみたいだったので、
とりあえず浴衣を着ていきました。
…すると!連れて行かれた先は、
ドミ共でも一番大きいらしい「Hotel Jaragua」。
コンピューター関係の会社のプレゼンテーションで、
500人近くの人が集まっていました。
みなさん正装で、普段はパンツルックのドミニカ人女性もスカートをはいていて、
ジーパンで行かなくて良かったです(^-^;)
みんなに「綺麗だ綺麗だ」と言われて、ご満悦だった私。
もちろん「私」ではなく「浴衣」のことを言ってるんだけどね(笑)

プレゼンテーションの仕方も日本と違って、
マイクのある台よりも前に出て、
段から落ちそうなくらい身を乗り出して話をしていました。
聞いている人たちも、日本でならきっと答えないであろう、
「こんばんは。お元気ですか?」という質問にも、
「元気です!」と全員が答えていたことにも驚き。
スペイン語で何を話しているのかよくわからなかったけど、
おもしろい経験になりました。

f0109097_13522960.jpg
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-07-04 05:04 | Japón(日本)
<< 一週間経過 折り紙教室 >>