TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

祝☆着任

8月2日(水)ドミ共生活36日目

JICA事務所にて着任式。
エライ人もたくさん来て、テレビ局の方も来て、
一人隊員の配属先である超大金持ちの社長夫人も来ていました。
余談ですが、彼女は自家用ヘリで来るかも・・・という話もあったらしい。
日本での金持ちとは比べモノにならない大金持ちらしいです。
「貧富の差」が激しいっていうけど、「富」の生活を垣間見た気がしました。

着任式では同期の我らがあんちゃんの挨拶もなかなかのモノでした。
たくさんの方に褒めていただいて、何もしていない私まで嬉しくなりました(笑)
何はともあれ、無事に着任することができました。
いよいよです。やっと・・・!という感じです。
現職教員である私たちは、一般の人より短い1年8ヶ月間の任期。
夢だった協力隊活動。もちろんツライこともあるだろうけど、頑張っていきます!!!
夕方サンティアゴのステイ先へ到着。
前回の任地視察の時には見ることのできなかった私の部屋。
どんなところかドキドキして行ったら、とっても素敵なお部屋☆
窓がたくさんあって涼しいし、なんとお風呂はお湯も出るらしい!
ま、実際はどうかわからないけどね。そしてシンクも水漏れはするし、
付けてくれた棚もいつか崩れ落ちてきそうだけど(^-^;)
一人住まいの年配の女性のみのお宅・・・と聞いていたけど、
Zaidaという一つ上のドミニカ人の女の子が下宿していました。
日本人(シニアボランティア)との付き合いの長い、お手伝いさんIneseも
平日(日曜はシニアの方の家に行ってるらしい)毎日朝早くから夕方まで来ています。
3人ともなかなか素敵な方。うまくやっていけそうで安心しました☆

サントドミンゴのママが電話をしてきてくれた。嬉しかったな~。
最後の日にくれた可愛らしいクッション。ココで使わせていただきます☆
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-08-02 05:37 | ドミニカ学校&活動
<< サンティアゴ散策 サントドミンゴ、ありがとう☆ >>