TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

昼食会

8月5日(土)ドミ共生活39日目

毎朝お散歩に行くママの戸を閉める音で目覚める私。
今朝は「私も一緒に行く!」と言って、ママとは違うコースで
モニュメントの周りを走ってきました。
7時前はまだ涼しくて他にも走っている人がいてなかなかいいジョギングコース。
平日の仕事前にできるかどうかは置いておいて、
油が多いこの国だし、タクシー通勤で運動もしないだろうし、
今後も健康(ダイエット?)のために走ってみようかしら…?

毎週土曜日に行われるという親戚一同揃った昼食会に参加。
朝からママとIneseがたくさんのごちそうを作っていました。
私も手伝いながらおしゃべりしていると、
シニアボランティアのお一人(Ineseが月に二度日曜日に掃除に行く方)に
電話してみることになり、彼も昼食会に呼んでみようということになりました。
彼はウチのママの妹さんが住んでいた家(かなりの大豪邸!ビックリです)
に住んでいて、ママが大家さんでもあるらしい。
彼も初めてウチに来られたそうで、喜んでおられました。
ママの兄弟3人とその家族、総勢16名の昼食会。
立派なパーティみたいでしたが、これが毎週なのだからすごい。
この国の人は家族で過ごす時間をすごく大切にするみたい。それって素敵だな。
ママが糖尿病の持ち主だとかで健康には気を遣っているらしく
料理もすごく美味しくて大満足でした☆
インターネットやアダプターの話にもなり、昼食会の後、
車をお持ちのシニアボラにアダプターの部品探しに付き合っていただきました。
…結果は、残念ながら敗退。
あちこち探して回りましたが、ありませんでした(>_<)
日本から母に送ってもらうのを待つしかないようです。

ちなみにウチのママ。子どもはいなくて、旦那さんも去年亡くなられたらしい。
Zaidaは「Doña Olga」と「さん」付けで呼んでいるので
私もキチンとそう呼ぶべきか聞いたところ、
「サントドミンゴでは何て呼んでいたの?ママでもいいわよ。」と。
家族にも、私のことを「私の娘」と紹介してくれ、
私のことも歓迎してくれているみたいでよかったです。
…ママはとても親切な人だけど、かなりチェックが入ります。
スーパーの袋を見たら何を買ってきたのかを見、
部屋にある物を移動したら「アレはどこに行ったの?」と元に戻され、
なんだかちょっとお姑さんみたい(^-^;)
部屋のドアを閉めておくのもカンジ悪いかな…?と思って開けっ放しにしてるけど…。
まぁこれもある意味試練かな?(笑)
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-08-05 05:39 | ドミニカ生活&文化
<< マダムの休日 歓迎会 >>