TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Día de la Restauración(復活の日)

8月16日(水)ドミ共生活50日目

今日は「Día de la Restauración(復活の日)」。
始めは「Restauración」が「復活・修復」という意味とは知らず、
「レストラン・・・?なんだか楽しそうな名前だな…」と思っていたら、
今から143年前の、1863年にRestauración戦争(復活戦争)と
呼ばれる戦争があったそうです。

本当はDistritoで海に職員旅行に行く予定だったのですが、
ちょっと体調不良のために断念。
いっぱい寝て元気になり、夕方からちょっと散歩にでも行こうかと思ったら
同期の一人の大家さんでもあるAnaさんがウチのママを誘いに来ました。
何かと思えば、大統領が来て軍隊のパレードがあるとか。
モニュメントに行ってみると、たくさんの人だかり。
4時から始まると聞いていたものの、大統領の到着を待っていたからか
5時前にパレードが開始されました。
吹奏楽隊を先頭に、水兵部隊や陸兵部隊、警察の行進がありました。
…でも、演奏も行進もイマイチばっちり決まっている感じではなく
ちょっと不揃いで中学生みたいな雰囲気でした(^-^;)
空兵部隊は、ヘリコプターから何人かがパラシュートで降りてきました。
着地地点は考えられないほど狭い場所。
大丈夫かなぁ…と思っていたら、案の定一人が近くに駐車している車に激突。
そんなに激しくはなかったので大丈夫だとは思いますが、
救急車が来たりしてちょっとした騒ぎに。
その後もお祭り気分は抜けないまま、すごい盛り上がり。
派手なもの好きだと言うか何と言うか…。
安全第一であるべきだと感じたのは私だけのようでした(>_<)

体調完全回復させようと早めに就寝。
…と思ったら、夜中0時半にすごい音がして飛び起きました。
爆竹かと思いきや、やけに連続しているし、もしかして花火…?と思って、
庭に出てみると、予想的中!花火大会でした。
「花火大会なんてコッチには無いんだろうな~」と思っていたけどありました!
日本のような凝ったものではありませんでしたが、赤や白の美しい花火。
ドミニカ生活50日目の夜を華やかに彩ってくれました(^-^;)
・・・にしても日が変わってからの突然の花火大会…さすがドミニカです。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-08-16 07:20 | ドミニカ生活&文化
<< siesta(昼休み) 「教育」とは >>