TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

3週間ぶりの首都にて

8月26日(土)ドミ共生活60日目

午前中は半年に一回行われる「隊員総会」がありました。
各国の首都に「隊員連絡所」なるものが存在します。
地方隊員の上京時や新隊員&帰国隊員の一時宿泊、
傷病時の一時的な休息、隊員間での情報交換&情報収集などなど。
任国外研修で訪れた他国隊員の宿泊にも使われるそうです。
わが国には現在40名強の隊員(日系青年ボランティアも含めて)がいます。
(それ以外にもシニアボランティアも倍くらいいるんだからすごい数!)
その40人の隊員は基本的に強制参加で、
隊員間で連絡所を運営するための会議です。

その後は全員で大掃除!
それまでかなり汚かったのですが
みんなはりきって掃除してピカピカになりました☆
ま、また半年かけて汚れていくのでしょうが(^-^;)

お昼は駒ヶ根訓練所の語学交流会にゲストできてくれたJoseと再会。
http://kamucomech.exblog.jp/d2006-05-21
5月に会った時「じゃあ向こうで会おうね!」と言っていたけど、
地球の反対側でそれが実現できてちょっと何だか感動!
スペイン語も「上達した」と褒めていただきました。
でも、学校では全然仕事にならない自分まだまだだ・・・と
実はちょっと落ち込んでいたのですが、素直に嬉しかったです。
まぁあの頃はまだ1ヵ月半しか学習していなかったんだから当然なんだけど。
ウチのクラスに来たもう一人のドミニカ人女性はまだ日本に滞在中で、
9月にドミニカに帰ってくるそうなので、また一緒に会おうと約束して帰りました。

夕方からは前のホストファミリーのおうちに行ってきました。
毎日通っていた語学学校から家のバスも久しぶりに乗りました。
私が家を出るときには次回の受け入れは未定だと話していたのに、
急に決まったとかで、その2日後から韓国のボランティアの女の子が来ていました。
彼女は首都の図書館でボランティアするそうです。
久しぶりに家族に会い、久しぶりに教会へ行き、
久しぶりにあの家の「ドミニカ食」をいただきました。
まだ3週間ほどしか経っていませんが、懐かしかったです。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-08-26 20:54 | 青年海外協力隊(JICA)
<< お好み焼き大会 Bienvenidos(歓迎会) >>