TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ワークショップ

8月29日(火)ドミ共生活63日目

今日はパイロット校(私たち隊員の活動している6つの学校)の
先生方全員参加で、専門家の方を招いてのワークショップがありました。
merienda(軽食)と昼食付きの一日研修会。
当然のように、子どもたちはお休みです。
平日なのに一日かけて・・・?子どもの授業時間を潰してまで・・・?
・・・とも思うんだけど、「教員の『質』向上」が仕事の私は
その「時間」をどのように確保するのか、それが大きな課題でもあります。

こっちは先生が子どもと一緒に来て子どもと一緒に帰ります。
(中には遅れてくる人もいるけど「家が遠いから・・・」などという理由が通用しちゃいます)
研修や会議のための時間は、子どもを帰すかボランティアに来てもらって自習か。
・・・といっても自分達で自習なんてできないから実質授業になっていないとか。
日本でだったら子どもを帰した後も勤務時間が最低1時間はあるもんね。
やることはきりがないほどあるから
勤務時間を大幅に過ぎても仕事をしている人がほとんどだけど。
でも、それは大きいよな・・・と思います。

教職員のお給料も安いからやっぱりそれだけ質も落ちてしまうのが現状。
研修制度もなければ、お互いに授業を見合うこともない。
経験20年のベテランでも、勉強する機会がなければ高まりというものは無いに等しい。
だからこそ身になる研修が必要なんだけど、
そのために子どもの授業時間を潰してしまう。

う~ん。。。


ちなみに夜ご飯はみんなでパスタ屋さんへ。
オシャレでとっても美味しかった☆
ちょっと高くてそうそうは行けそうにないけどね(^-^;)
ごちそう様でした!!
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-08-29 12:28 | ドミニカ学校&活動
<< 私のできること ネット開通! >>