TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日本青年団

9月7日(木)ドミ共生活72日目

日本から来た「国際青年育成交流事業」の「青年海外派遣」の方々と交流しました。
「日本青年団?何それ?」・・・という感じだったのですが、
内閣府が行っている「世界青年の船」の航空機バージョンらしいです。
私が知らないだけで、いろいろな活動をしているんですね。
よかったら以下のHPをご覧下さい。(学生の方必見!)
http://www8.cao.go.jp/youth/koryu1.htm

18日間の派遣で、今日と明日サンティアゴに滞在し、
本日午前中のみ「算数プロジェクト」の視察に来られたそうです。
メンバーは学生を中心に全部で14名らしいのですが、
体調不良のため本日は10名の参加でした。
一人は検査入院をしているほどだそうで・・・大丈夫ですかね(>_<)
それを聞いて「ドミニカ共和国ってどんな大変な国なんだ・・・」
なんて他人事のように思ってしまいました。
きっと過密スケジュールだっただけで、私は至って健康なのでご安心を。

本日の行き先は、その名も「Escuela Japón(日本学校)」
数年前に外務省の援助を受けて建てられたその村唯一の学校です。
(ちなみに学校の名前に「ベネズエラ学校」等他国の名前が入ったものも結構あります)
初代隊員として派遣されて約一年。
私も初めてお邪魔させてもらいました。
私たちの学校やDistritoからはかなり遠くて、雰囲気のある「村」でした。
門だけ立派で壁は無く、木と針金で囲われていたのが印象的でした。

始めに3年生の算数の授業参観。
授業は大勢の参観者がいて、おそらく普段とは全く違う雰囲気だったと思うので、
また近いうちに改めて参観しに行きたいです。
その後の文化交流では、ドミニカの音楽演奏とダンスが披露され、
日本青年団からはフルートとクラリネットの演奏による合唱とジャズをアレンジしたダンス。
あちこちでこういった文化交流をしているらしく、なかなか素敵でした。
狭い教室で行い、そこに先生が見に来ているので、もちろん授業になんかなりません。
全校生徒がお祭り状態。全員廊下に出てきて大混雑状態でした。
最終的には中庭でもう一度ダンスを披露し、悲鳴絶叫に拍手喝采。
「大スター来ドミ」という感じでした。
そのうち「サインして攻撃」。我が校でも「サインして攻撃」はよくあるのですが、
自分一人のときは時間がきたら断るので特に問題なくいつものノリで受けると
それが連鎖反応で全ての日本人に「サインして攻撃」が波及。
言葉が通じない彼ら(2人は喋れたそうですが)に上手く断る事ができなかったようで、
急がせたり代わりに断ったりしながらバスまで帰りました。
その後も過密スケジュールで時間が無い中、申し訳なかったかも・・・すみません。

Los Japoneses que visitan a República Dominicana
vinieron a Santiago, y fuimos a la escuela Japón juntos.
Por que es nombre es"Japón" es ...
hace unas años, la escuela hisó gracias a Japón.
Está bastante rejos y fue primera vez.
En la clase, creo que no es natural por que muchas personas vinieron.,
por eso quiero venir para mirar otra vez pronto.
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-09-07 11:03 | Japón(日本)
<< 3日ぶりの学校にて 「けじめ」 >>