TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

3日ぶりの学校にて

9月8日(金)ドミ共生活73日目

管理職会議でブザーが鳴ったら呼びかけする事を確認しましたが、
挨拶の代わりに抱擁をするココの子どもたち。
全然悪気が無く、注意されるなんて全然思っていない屈託のない笑顔で
"Chica"と大声で走って来られると参っちゃいます・・・が心を鬼にして
「今はできないの。もう集まらないといけない時間でしょ。後でね。」
何十人に言った事か・・・高学年は聞いちゃいないしね(>_<)
日本でだったら一喝したらシーン・・・てなるところでも、
今はきっとココでは普通のこと、大声張り上げるところではないはず・・・
と思って我慢ガマン。道のりはだいぶ長いなぁ。

全校生徒へのおたより「HOLA」を作って、みんなが見れる壁に張ってみました。
今回はただの自己紹介なんだけど、
そのうち私が改善したい事呼びかけたい事を伝えていくつもり。
・・・というか、「ベルなったら急ごう」「授業中に大声で私の名前呼ばないで」
って事をみんなに伝えたいがための前振りなのですが。

時間を意識させるため、私が意識して欲しいと思っている事をアピールするため、
あえて授業中に行き、先生に了解を得てから全クラスの時計の調整。
ちなみに前隊員が全クラスに・・・と設置するまで無かった時計。
どのくらい時計が読めるのかな・・・と思って時間を聞いたりしたけど、
4年生でも正しい答えは帰ってこなかった・・・。
まぁ時計の無い家も多いし、バスも時刻表なんか無いし、
時計の必要性が無いっていうのは、それも一つの文化なんでしょうなぁ。

授業を観てもなかなか自分からアドバイスって難しかったんだけど、
もう学校が始まって3週間も経つし・・・と思って、気合を入れて先生方にアドバイス。
そして、授業中もなんだかんだと先生不在の教室がよくあります。
その間子どもたちが静かに待てない。自習なんてもってのほか。
まぁそうしつけていない事が一番の問題なんだけど、
行ったクラスに先生の不在の場合は、もっぱら「日本語の挨拶」とか教えている私。
みんなも興味深々だからよく聞くし、別に他に課題はないし、
ただのつなぎだからそれでいいと思うんだけど、
今日行ったクラスは行った時すでに超うるさくて、そのうち取っ組み合いの喧嘩。
「どうしたの?」と聞いても、泣きながら感情的になりながらの答えは全く理解不能。
この業界では武器であるはずの言葉が武器にならないのはやっぱりキツイな~。。。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-09-08 12:03 | ドミニカ学校&活動
<< 電気泥棒 日本青年団 >>