TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

勉強会

9月14日(木)ドミ共生活79日目

先週、全校生に向けての手紙(通信のようなもの)を書いてみた。
「Hola(やあ!)」という画用紙一枚で、みんなの見えるところに貼ってみた。
「時間守ろうよ」「授業中は○○しようよ」ということを
書きたいがための前振りで、第1号は私の自己紹介。
「『Chika』って呼んでね。
 『China(中国人)』じゃないよ。
 日本ていう国からきたよ。」
そんな内容のもの。
結構みんな読んでくれていているみたいで、素直に嬉しい。
「China!」と笑顔で間違えて寄ってくる子どもに、
前は自分自身で「Chikaだよ。Chinaじゃないよ。」と教えていたけど、
今は隣にいる子どもが「違うよ。彼女はChikaだよ。」って教えてくれる。

ココの国の人たちは、アジア人を見ると「China!」と大声で呼んできます。
歩いていても車に乗ってても、男でも女でも、大人でも子どもでも。
「China」が中国という国の名前で、「Chika」が私の名前ってことが、
全然わかっていない子もたくさんいるんだろうな。
中国っていう「国」があることや、日本と中国が違う国ってことも。
先生への算数指導だけじゃなくて、
いろんなカタチで子どもたちにも日本の紹介とかもしていけららいいな。
そんな事を思っています。

そして、本日第2弾「Hola」。
「私の名前を覚えてくれてとっても嬉しい。
 『Chika』って言ってくれるようになって嬉しい。
 でも、授業中や集会中は私の名前を呼ばないでね。
 そうじゃないと、他の人が勉強できないし人の話を聞けないから。」
毎回毎回教室に入るたび、教室横の廊下を通るたびに大声で呼んでくれちゃう。
嬉しいけど、困るんだよ、ソレ。
今回は通信発行後、全校集会のときにちょっとマイクをお借りしてその話をした。
集中力の無い子どもたちは、半分以上の子が聞いてなかったけど、
集会で言った事で先生達の言葉がけが変わった。
「この前Chikaが言ってたでしょ?授業中と集会中は呼ばないようにしようね。」
やっぱりみんなの前でスペイン語で話すのはちょっぴり緊張したけど(笑)
先生達がちょっとでもわかってくれてよかった。
次回は「時間守ろう」って書く予定。
・・・先生達がどこまでわかってくれるかな~。ソレが問題です(^-^;)

He escrito como carta que se llama "HOLA" para los niños de todos.
Primero, escribí sobre mi presentación antes.
Mi nombre es "Chika". No es "China". Soy de Japón, otro país.
Segundo hoy, escribí que estoy divertida para llamarme,
pero no diga mi nombre en la clase y en la reunión.
La mitad de todos no pudieron escuchar bien,
pero gracias a la conferencia,
los profesores escucharon y dicen a los niños después.
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-09-14 14:24 | ドミニカ学校&活動
<< 世界中にいる同期隊員のみんなへ 先生の子ども >>