TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

運動会

9月22日(金)ドミ共生活86日目

ご近所さんの同期がネットを使いに我が家へ。
ドミニカ時間9月22日(金)20時。
・・・という事は、日本時間9月23日(土)朝の9時。
あ・・・!今運動会が開会したはず!
彼も、私と同じく現職教員派遣で他県の小学校の先生なのです。
2人してなんか盛り上がっちゃった。
「うぁ!今ファンファーレ鳴ったよね~!」
「ウチも今日!そっちも?」
「おぉ~!みんな頑張ってるかな~?」

台風の心配をしていたなんて嘘のように快晴!
ほんとに雲ひとつない澄み渡った空の下、
子どもたちは素晴らしい一日を過ごしたようです。

大好きな運動会。
それまでの準備は超大変なんだけど、やっぱり大好き。
指揮台から見る演技に何度鳥肌の立つ思いをした事か。
ダンスや応援団で指揮台に立つと、いつも感動して涙が出そうになった。
なんでかって、子どもたちの「一生懸命な姿」が見れるから。

人間の何が一番素晴らしいって、
「一生懸命に頑張る」事ができるのが素晴らしい。
できなくても、失敗しても、「頑張る事」に価値があるんだと私は思う。
『「結果」じゃない、そこに至るまでの「過程」が大事。』
いつも子どもたちに言っていた事を思い出した。

そう、私の今やってることの中には、
無意味な事や失敗に終わってしまう事もいっぱいあると思う。
認めてもらえなかったり、上手に伝える事ができない事も。
でも、「頑張る事」が大事なんだよね。
今年は大好きな運動会に参加する事はできなくて残念だったけど
自分の「原点」に帰ってこれたような気がします。

4年前、新任の時担任した当時3年生だった子どもたちは
今や学校の顔である最高学年として立派に、
去年担任していた4年生だった子どもたちも
高学年としてすごくお兄ちゃん達になっているって。
先生方からそんな事を教えてもらいました。

すごいな。頑張ってるんだな。嬉しいな。
私も子どもたちに負けないように頑張るよ。

先生方、本当に本当にお疲れ様でした!!
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-09-22 09:33 | つれづれなるままに
<< 大自然 SHISI-YA >>