TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

9月25日(月)ドミ共生活90日目

日本では最近「秋」を感じるらしい。
私はどんな時に「秋」を感じていただろうか。

涼しい朝夕。
扇風機をつけずに
少し厚い布団をかぶる。
外出時にはカーディガンを羽織り、
髪の毛を下ろしたくなる。
帰宅途中の空が澄んで高く見える。
「秋」が深まった、あの満月を見ると
なんとなく、もの哀しさを感じたりしたっけ。
夏(夏休み?)が恋しくなったりもしたっけ。
そして「夏の花火やプールよカムバック!」・・・て、
もう一度やりたくなったりしたっけね。

こちらは・・・いつまでたっても暑い!
Distritoから学校まで20分歩いただけで汗ダクダク。
水をガブガブ飲んでも飲み足りない。
こないだのラフティングに行った時なんか
日焼け止めSPF50を全身に塗ってても火傷状態だもんね。

でも、教室には「春夏秋冬」が貼ってあるんです。
「春」も「秋」も「冬」も違いはよくわからないけど、一応あるんです。
そして実は、今が「秋」だそう。
ドミニカ人曰く「9月23日」から「秋」らしいんです。
きっと秋を「感じる」ことが無いから、暦で決まってるんですね(^-^;)

「常夏」って響きは素敵だけど・・・
やっぱり四季を肌で感じることのできる日本はもっと素敵だな。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-09-25 10:18 | つれづれなるままに
<< 生きるということ 学校のママ >>