TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

卒業式

9月30日(土)ドミ共生活95日目

ウチのお手伝いさんInezの18歳の娘Adrianaの
高校の卒業式&卒業パーティにご招待され行ってきました。
3時過ぎにおうちに行くと、ドレスアップしたAdrianaが。
サロンに行って髪を整え、自宅でメイクしてもらって、超おめかしして出かけていきました。

夕方5時半頃から始まった卒業式。
男性は女性の、女性は男性のパートナーと共に入場。
卒業証書をもらう時も、そのパートナーと一緒に壇上へ上がり、
先生と3人で写真を撮ってもらっていました。
外国の卒業生の写真て、黒いダボっとした服に帽子
・・・というイメージでしたが、何でダボっとしているのかがわかりました。
おめかしした服の上にあの服を着るからなんですね。
でも、せっかくおめかししてても、式が終わった頃にはもう辺りは真っ暗で、
それを見せる場がほとんど無くてちょっと残念な気もしました。

講堂は無く、外の広場に椅子を並べて執り行っていて、
子どもも大人も近所の人も、自由に見学に来ていました。
日本の「儀式」のように仰々しいものではなく、
卒業生同士も見学に来ていた人もおしゃべりしまくり。
大きなスピーカーがあるのに、司会者もスピーチする人も途中で停電して結局地声。
日本ではテスト結果くらいしか成績が優秀かどうかを知りえることは無いけど、
「学年トップで卒業」した人は、そのように紹介されスピーチしていました。
あ・・・だから「学年トップで卒業」とかわかるんだ~とか変に感心しちゃいました。
しかも、優秀だった人数名と一番優秀だった人とが紹介されていて、
ちょっとミスコンなどのコンテストを思い出しました。

夜9時からは卒業パーティ。
村にはそんなに広い会場は無くて、ちょっと離れた会場まで車で行きました。
卒業生だけのものではなく、家族も近所の人もみんな来ていました。
バスケットコート2面くらいの広さはあるダンスフロアと、それを取り囲むテーブル席。
途中からはフロア前のステージで
どっかの歌手(結構有名人らしい)による生バンドとダンスがあって
踊りながら歌っていてコンサート会場のような感じでした。
盛り上がりが頂点に達した時は、それだけ広いフロアにも人がいっぱいで
通路のあちこちで踊り始めていました。

みんな狂ったように(?)踊り続けていて、
私たちが帰った1時半には、まだまだ盛り上がりはピークでした。
2時には閉店しないといけない法律ができたそうですが、
きっとまだまだ興奮状態が続いてたんだと思います。
日本じゃそんな時間までやってるなんて
(というか九時開始の時点で)考えられないもんね。
卒業式も卒業パーティも「国」を感じられて、とてもいい経験になりました。

f0109097_17581650.jpg


f0109097_1801332.jpg


f0109097_1815027.jpg
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-09-30 23:38 | ドミニカ生活&文化
<< ついに・・・ 職場の飲み会 >>