TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カリキュラム

10月3日(火)ドミ共生活98日目

我が校の授業進度はとってもとっても遅い。
もともとの年間指導計画自体が超ゆっくりなのに、その計画からもさらに遅れている。
前任者とCordinadoraが立てたという年間指導計画。
なんでこんなにゆっくりなのか、なんで他領域が一週間に一回なのか。
8月年度当初に聞いてみたところ「話し合って決めてた」という答え。
「週一回の学習では忘れちゃって定着しない・・・どこかでまとめた方がよくない・・・?
こんなにゆっくりでいいのか・・・もう一度考えてみない?」
そう聞くと「一度決めたからそれでやってみる。ダメだったら途中で修正しよう。」と。

一ヵ月半経って思うこと。
きっと前任者とCordinadoraも、基礎強化のためにそう決めたんだと思う。
今までの経緯もあってそうしたんだと思う。
でも・・・。このままじゃまたどんどん遅れていきそう・・・。
ココの国の授業の進度はどうしてこんなに遅いのか。
カリキュラムがしっかりしていないから。
ありえない量のカリキュラムをこなさないといけないことになってるから
絶対全員できなくて、そしたらどの範囲は絶対やらなきゃいけなくて
どの範囲は来年度でもいいのかってのが全然訳わかんない。
今JICAの技術協力プロジェクトで、
首都でカリキュラム作成にも関わっているらしいけど
もっと実現可能な、そして発達年齢に応じたカリキュラムが作成される事を願います。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-10-03 11:34 | ドミニカ学校&活動
<< 観察 ○○さんとの共同生活 >>