TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本文化祭

10月18日(水)ドミ共生活113日目

今日は「日本文化祭」をやりました。
・・・って言っても、日本語で字を書いてあげたり、折り紙を売ったりするだけですが。
目的は2つ。
①テスト時の消しゴムや鉛筆を買う
②日本に少しでも興味を持つきっかけを作る
本当は、校長先生は「折り紙教室」をして欲しい・・・と言っていたのですが、
オトナでも難しいので、ちょっと今回(次回があるかは不明ですが)は断念。
今日をあわせて4日間行う予定です。

学校で子どもたち相手に何かを売る・・・なんて
日本では考えられない事ですが、
まぁ、校内にカフェテリアがあるし、
下校時には門前(学校によっては敷地内)で
おやつやフルーツ、おもちゃを売っているし。
郷に入れば郷に従え・・・と言う事で行いました。

休み時間に毎日買っているおやつをガマンすれば
(ココの国ではおやつを食べるのは習慣で、
毎日子どもたちは小銭を持って学校に来て、毎日何かを食べています)
買えるくらいの値段設定(3~5円くらい)にしています。
おやつ買うお金を渡すなら文房具買ってあげてよ・・・と言いたくなるのですが、
それも彼らの習慣、彼らの文化だから仕方が無い。

買う文房具が「テスト時限定」なのは、
毎日貸すと持ってこない子が増えるだろうから。
子どもたちは鉛筆一本とノート一冊だけを持って学校に来る子がほとんど。
もちろんクラスに何人かは消しゴムや鉛筆けずり、教科書を持ってくる子もいます。
5分休みも無いし、休み時間やおうちで鉛筆をけずる・・・なんていう習慣もないから
授業中でも鉛筆をけずるために立ち歩く。
消しゴムを借りるために立ち歩く。
授業中でもテスト中でも、お構いなし。
とりあえず、テストとは静かに誰とも話をせずに一人でやるもんだ・・・
という意識付けができたらいいな・・・と思っています。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-10-18 09:53 | ドミニカ学校&活動
<< 「どうして列をつくるのか」 先輩隊員の宅 >>