TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

強心臓

10月24日(火)ドミ共生活119日目

日本から専門家の方が来ドミ。
「ドミニカ共和国の教育を司る」カリキュラム課の人達に
授業観察の仕方の指導等のために来られました。

午後は我が校の一年生S先生の授業見学。
一教員からしてみれば、国のお偉いさんがいっぱい来て
授業を見ていくんだから、とてつもない緊張もするはず。
でも予定校でデモがあって、急遽彼女の授業を見に行くことになり、
実は本人の確認を得たのが前日の夕方。
でも、全然戸惑うこともなく、「いつもどおりやればいいんでしょ?」とS先生。
そう、そのとおり!
いつもどおりの授業観察を目的としていて、
何も特別な事は要求していないのですが、
誰かが来るとなると意識しすぎた授業になってしまいがち。
今日はS先生のいつもどお~りの落ち着いた授業を見ていただけました。

「強心臓」の持ち主だな~って感心しちゃった。
(これはこの前に見たビデオの日本お笑い番組のネタ・・・だれかわかるかな?)
でも冗談抜きに、私は結構びびりで人の目を気にしてしまうタイプだから
必要な時にはしっかりと引き受けられる「強心臓」を持てるようになりたいな。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-10-24 09:27 | ドミニカ学校&活動
<< サービス精神 わたし待~つ~わ、いつまでも待... >>