TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

宿泊研修旅行の実態

10月26日(木)ドミ共生活121日目

今日から二日間我が校の先生たちは首都へ研修旅行。
「もちろん」の事のように平日だから子どもたちの授業を削っての取り組み。
職員方同士の横のつながりをもっと持たせるべく
最近研修を奨励している動きがあるそう。
「また授業カット?」と思う反面、
「おぉ!そんな取り組みが!」・・・とビックリしたんだけど、それがまた中途半端。

午前・午後と分けた雇用形態だから、
たとえば午前はウチの学校で午後は違う学校で働いている先生は
午後の学校は休めないから参加できない。
宿泊が絡むから、家庭の事情等で参加できない。
そんなこんなで30人くらいの先生のうち20人くらいの参加。

・・・という事で、研修旅行に参加している先生のクラスの授業はカット。
でも、参加せずに家にいるのはおかしいという事で、不参加の先生のクラスは通常通り。
結局副校長は研修の引率(?)に行き、校長は学校に残る、という形をとりました。
でも、「通常授業」をしているはずのクラスも、
「今日は隣のクラスもいないし、のんびり過ごすわ~。」
とか言って、先生付きの自習状態。
なんだそりゃ・・・なんて中途半端なのかしら(>_<)
子どもの授業時数よりも、先生の勤務形態が重視されるのがそもそも理解不能。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-10-26 04:49 | ドミニカ学校&活動
<< カリキュラム サービス精神 >>