TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カリキュラム

10月27日(金)ドミ共生活122日目

今週はカリキュラム課の人たちが首都から来られていました。
常日頃問題だと感じる点も、
来週の先生方に対する校内研修の内容も、
結局は全てカリキュラムから生じている問題だと言っても過言ではない。
今日はこの国のカリキュラムについて書きます。

ここでは一年生から分数をやります。
そんなの絶対無理!
一年生がそんな発達段階じゃないのは素人でもわかる!
1年でも2年でも3年でも4年でも(ほぼ)同じ内容のものをやります。
今年できなくても来年の担任がやればいいや・・・そう思ったら
先生達はやらないに決まってるよ!
こんなカリキュラムじゃ先生達は個人個人で好き勝手にやるだけで
子どもたちには全然定着しないよ~!!
カリキュラム、しっかり建て直して!!

カリキュラム課が来ていた時、そう声を大にして言いたいところでしたが、
カリキュラムについては外国人がとやかく言える問題ではないらしい。
「義務教育の内容を下げろ」「現実に見合った内容を」というのは
内政干渉と捉えられても仕方のないことだそう。
「これだけの内容をこなしています」と国内外に示す事が大事だと捉えていたり
「現実問題無理でしょ?」という事は、「国家を侮辱するのか」となりうるからだそう。

う~ん。。。難しい。難しい問題が絡みすぎ。
カリキュラムの事はどうしようもないのであれば
私たちには何ができるのだろう。
日々自問自答です。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-10-27 04:50 | ドミニカ学校&活動
<< Bag作成 宿泊研修旅行の実態 >>