TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

☆祝同期再結成☆

10月31日(火)ドミ共生活126日目

午前中は日本大使がPastor Abajoというパイロット校を訪問。
9月に日本青年団が来て(http://kamucomech.exblog.jp/d2006-09-07)
「算プロの視察がおもしろかった」という感想が多く、
一度算プロも覗いておこう、ということで訪問に来られたのでした。
地方の一小学校に「小さな日本政府」が来ると言う事で
校長を始め、みんな緊張した雰囲気でした。
私自身は特にする仕事もなく、ぼーっと突っ立ってるだけでしたが(^-^;)

すでに帰国した隊員の報告書で気になる事を一つ。
先生方のやる気の問題です。
いくら日本政府が協力をしても現場の先生方が
やる気を持っていなければ、その協力は何の役にも立たない。
(そこには学校職員だけでなく教育事務所の偉いさんも来ていたので)
是非とも現場の先生方の質向上を目指したシステム作りを図って欲しい。
大使はそんな事も述べられました。


ご多忙な大使は小一時間ほどで学校訪問を終了し、
その後私たち18-1次隊は首都サントドミンゴへ。
何を隠そう(別に隠す必要は何もないけど)
今日は一時帰国していた同期が再赴任する日なのです。
日程が決まる前から空港に出迎えて、
みんなで再結成を祝いたいね・・・と話していた私たち。
日程が大使の訪問と重なり、結局空港までの出迎えはできずに
CASA(隊員連絡所)での出迎え
(実際は彼の到着の方が早く、私たちが出迎えられたんやけど(笑))
になっちゃったけど、少しでも早く会えてよかった。
これからまた、みんなで協力しながら頑張っていけたらいいな。

サントドミンゴに滞在していた語学訓練中、
毎週末一緒に観光にでかけていた頃とは違い、
この頃は、一緒に「仕事」をするようになって、
やっぱり考え方が違ったり、取り組み方が違ったりして
ただ笑っているだけでは無くなってきたように思う。
でも、ぶつかってこそ本当の「仲間」。
切磋琢磨してお互いに向上していける、
本当の意味での「仲間」になれるよう努力していきたい。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-10-31 10:30 | つれづれなるままに
<< 初校内研修 「豊かな感覚」 >>