TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

交通安全

11月15日(水)ドミ共生活141日目

Distritoから学校へ行くまでの道端で。
知った顔の少年(確か5年生)が大きなバイクにまたがってる。
私「え?それ誰の?」
少年「おじさんの」
私「え?でも子どもは乗れないでしょ?」
少年「ボク知ってる!」
ビューンって行っちゃいました。
そして途中でいきなり止まったかと思えば、
少年「あ、学校行くんでしょ?乗ってく?」
汗だくで歩いてて、誰か乗せてくれないかな~なんて思ってたけど。
いやいや違うでしょ!運転の仕方知ってるとか、そういう問題じゃないでしょ!

一応法律では18歳から運転可能で、いろいろ規則はあるらしいけど、
あちこちで明らかに違反しているのを見かけます。
今日も大型トラックを10歳未満の子が運転してるのを見たし。
制服で女の子をバイクの後ろに乗せている小学生もいるし。
(留年等でもしかしたら規定年齢を越しているのかもしれないけど)
(JICA関係者は禁止されているけど)カロプブリコと呼ばれる乗用車型の1台には
運転手以外に助手席2人、後部座席4人が一般的だし。
(子どもは大人が抱っこするから、最高10人以上乗ってるのを見かけたことも)。
2車線のところを3台くらい走るし、信号無視するし、ウインカーなんか出さないし。
一方通行を逆走するし、大通りも30mくらい平気でバックするし。
整備不良車だらけで、ミラーがないのは当たり前、
あちこちぶつけまくりで凹んでいない車のほうが少ないし。
この前なんか下に穴が開いてて地面が見える車もあったし。
1cmしか隙間なくても通っていく、その技はすごいと思うけど。
いつ何が突っ込んでくるかわからない、それに機敏に対応しているのはすごいけど。
だんだんそれにも慣れてきちゃったけど、十分な注意が必要です。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-11-15 21:32 | ドミニカ生活&文化
<< Huerga(ストライキ) 新聞記者取材 >>