TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Huerga(ストライキ)

11月16日(木)ドミ共生活142日目

「16・17日にHuerga(ストライキ)が予定されているので自宅待機になるかも」
という緊急連絡網が、先日回ってきました。
なぜストライキで自宅待機かというと、この国のストは、
石を投げたり火をつけたり爆竹を鳴らしたり、
時には本物の拳銃で発砲したりするので危険だから…という理由です。
ストが多い地域では度々自宅待機があるそうですが、
サンティアゴでは年に2~3回あるくらい。
まぁ家にいれば何の問題もなく、そんな大した事はないそうですが。
一応、万が一、念のため、ということらしいです。

という訳で、昨日は事務所の指示通り、3日分の食料と水を確保して置いたのですが、
激しいストは無く、危険は無いという事務所の判断で、
自宅待機は無くなり、通常通りの活動をすることになりました。
…と言っても、人通りはとても少なく、町全体が閑散としていました。
学校にも行ってみたけど、いたのは校長先生だけ。
いろいろ作業していたら、そのうち近くで発砲音が。
校長から「今日はもう帰った方がいいわ。」と言われ、
いつもは歩く道もタクシーで帰らされました。
警察がスト現場に行っていて他が手薄なのを狙った犯罪も結構あるらしい。
学校の近くでも泥棒が入ったとかで、人だかりができてたし。
今日はちょっと物騒な感じがしました。
まぁ、何事も無かったのでご安心を☆
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-11-16 21:33 | ドミニカ生活&文化
<< 大根おろし 交通安全 >>