TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

叱るということ

11月23日(木)ドミ共生活149日目

私の仕事は「現職教員の算数科における指導力向上」。
講習会を開いたり学年会を通して広く全体に普及もしますが
授業観察をして、細かいアドバイス(モニタリング)を行ったりもしています。
(「アドバイス」なんて偉そうな事…とも思うけどね(^-^;))
私は管理職から年度当初に一学年に一人ずつ見て欲しい先生を言われたので、
1年から4年までなので4人の人を中心にモニタリングをしています。
当たり前だけれど4人とも性格も経験年数も指導力も色々で、
私との相性というか、仲良し度(?)も色々です。
仕事をする上で、仲良しであるとかないとかは関係ない…とも思うんだけど、
実際問題として人間関係が築けていないと話もできないし、できても聞いてもらえない。
その四人とは、1年:Angera、2年:Ana Joaquina、3年:Dulce、4年:Iluminada。
始めは「結構イタイ人ばかり担当させられたな…」というのが正直なところでした。
3ヶ月経って、彼女達とも少しずつ関係ができてきたとは思えるものの、
やはり褒める事はできても改善すべき点を挙げて話をするのはなかなか難しい。

2年のAna Joaquinaと3年のDulceとは、お昼ご飯も一緒に食べている仲なので
(先生方の半数が午前だけまたは午後だけの勤務で、
残りの半数のほとんどの先生方は昼休みにご飯を食べに一度帰ります。
他校では昼休み学校に残っているのはほぼゼロだそうですが、
ウチの学校は5~6人のメンバーがいつも残って一緒にご飯を食べています)
やはりちょっと言いやすいし、聞いてもらえる。
二人のクラスは、まだまだだけどだいぶ落ち着いて学習できる雰囲気ができてきた。
算数の指導ももちろんだけど、学級経営の部分で大きく改善されてきたな…と思える先生方です。
4年のIluminadaとは、ちょっと年配で「自分のスタイル」というものを持っているようで、
色々アドバイスも言ってみるんだけど、なかなか取り入れてくれないし、
モニタリングに行ける日が少ないこともあって、なかなか改善が見られません。
ま、もうちょっと仲良くなる事が一番大切かな?と今は思っています。

1年のAngeraは、わりと若くてダンス大好きな元気キャラ。
普段の彼女は笑顔たっぷりで愛嬌があっていいんだけど、
授業中になると、人が変わったように鬼みたいに怒鳴り倒しています。
午後は1年生、午前中は幼稚園の担当なんだけど、怒鳴る、怒鳴る、怒鳴る。
もっと子どもを褒めたら、自分も褒めて欲しくて頑張る子が出てくると思うんだけど
それを伝えても、なかなかうまくいきません。
時には手も出るし(しかも結構きつく)、
子どもたちも怒鳴られる事に麻痺してきてるんじゃないかと思ってしまうくらいです。
「叱る」というのは、子どもに「何が悪くて何がいい」という事を悟らせること。
「怒る」というのは、感情的になって怒ってしまうこと。
我々教師は「怒る」のでなく「叱る」ようにしないといけない。
新任の時、そんな事を先輩の先生に教えてもらった。
でもAngelaは明らかに「怒って」います。
彼女にどうしたら「叱る」ということをわかってもらえるか…今、それを考え中です。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-11-23 12:04 | ドミニカ学校&活動
<< タイミング絶不調 間違い探し? >>