TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タイミング絶不調

11月24日(金)ドミ共生活150日目

16年度2次隊の先輩方の最終報告会(17年度2次隊中間報告会)があった。
3時スタート(JICA事務所は午前~1時、午後3時~という勤務時間なのです)の
報告会に向けて、バスに乗って首都へ。
看護士や音楽教師etc.、いろんな職種の方がいて、
2年間の集大成なだけあってどの報告もなかなか興味深いものでしたが、
実は一番聞きたかった同じ算プロの先輩隊員の報告を聞き逃してしまったのです。

予定出は10時半に乗るはずが、急に工事の人が来て11時半に乗ることに。
11時から30分弱かけて歩いていく予定がママに呼び止められ、
11時を回ってしまったのタクシーを呼ぶことに。
ところがタクシーを呼んで10分待ってもなかなか来ず。
もう一度電話してやっと来たと思ったら、そのタクシーがなぜか途中で動かず。
「11時半のバスに乗らないといけないの」と言うと
「大丈夫、5分で着くから」と言っていたけど、
到着したのは11時33分。ちょうどバスは出て行ってしまった後。
時間にルーズなこの国でも、このバス会社は結構時間通りに動いてくれちゃうのです。
それでもサンティアゴから首都までは2時間かかる予定なので、
12時半でも3時からの報告会には間に合うはず…!
と思っていたら、バス出発が15分遅れ。
「それなら11時半のバスが遅れてよ~(>_<)」と思いながらも乗車。
今まで5分か10分遅れることはあっても、大した遅れはなかったこのバス。
ちょっとくらい遅れても「バス停から事務所までタクシー使ったら間に合うかも?」
…ところが、今日に限って大渋滞に巻き込まれ、バス停に到着したのは3時20分。
「いや、でも彼の報告は3時半からのはず!まだ間に合う!」と思って、
タクシーに飛び乗って3時半に着いて会議室のドアを開けた瞬間、彼の報告が終了。
なぜか彼の前に報告するはずだった人のパソコンの調子が悪く、
順番が変更して彼の報告が一番手になってしまったそうなのです。
11時半に乗った仲間のバスは時間通りに出発して、時間通りに到着したらしい。。。
はぁ。ヘタヘタヘタ…。。。脱力状態でした。
今日は人生最悪のタイミングでした。
二年間の集大成、聞けなくてごめんなさいm(_ _)m
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-11-24 10:22 | ドミニカ生活&文化
<< ボカチカ送迎旅行 叱るということ >>