TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お見送り

11月30日(木)ドミ共生活156日目

16年度2次隊の方6人が、2年間の任期を終えて帰路に着きました。
帰路変更して、2週間程度の旅行を経て日本に帰国する方がほとんどですが。
我が算プロの先輩隊員の一人も出国
…ということで、空港までお見送りに行ってきました。

一緒に仕事をしたのは3ヶ月間だけだったけど、
仕事上の先輩としても週末の「隊長」としても、ホントにお世話になりました。
「教育関係は言葉が大事!言葉が話せないと何もできない!」ということで、
訓練前にメキシコに語学上達のために3ヶ月間旅をしていたという彼。
年は下だけど、彼みたいにスペイン語を話せるようになりたいな~って思いました。
生活をして何となく喋れるようになるのと、語学力を高めるのとは違う。
語彙数を増やすにも、正しい文法を身に付けるにも、地道な努力が必要だよね。
ちょっと最近日々の仕事に追われ、「語学」をするのを忘れていました。
この冬休み、ちょっと本腰入れて勉強してみよう。

CASAで話をしていて、ひょんなことから
駒ヶ根の語学の先生にメールを送ることになりました。
駒ヶ根時代Maria Jesusクラスだった現在派遣中のメンバー、
16-3、17-1、17-2、17-3、18-1(2名)という6人全員集合の写真も添えて。
それぞれ訓練期間は少しずつ違うけど、こうしてみんな集合するってなんだか不思議。
そのうち18-2の隊員も派遣される・・・お会いできるのを楽しみにしています☆
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-11-30 21:11 | つれづれなるままに
<< 安全対策協議会 授業時間の確保 >>