TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

11月28日(火)ドミ共生活154日目

土砂降りの中、帰宅したら家が真っ暗。
誰もいないんだ・・・と思ったら、いきなり「Chika!おかえり!」
びっくりして悲鳴あげちゃった。
すでに5時間も停電していて、インベルソール(蓄電器)の電気も使い果たしてしまった様子。
その後も3時間の停電。電気が来てもすごく不安定。

Distritoでも、雨のせいでコピー機が悲鳴をあげている。
コピー用紙が湿気ていると、コピー機がつまる。
電気がしょっちゅう止まるので、インベルソールもフル稼働。
コピーをしたくても、コピー機様はなかなか使わせてはくれません。

クリスマスの季節は雨がよく降るらしいけど、これだけ降ったら大変だよな。
雨も必要な事はわかっているけど、これだけ降ったら困っちゃうよな。
川の近くに住んでいる人たちは大丈夫なのかな。
この雨が災害を引き起こしませんように。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-11-28 11:43 | ドミニカ生活&文化
<< 授業時間の確保 1リットルの涙 >>