TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

クリスマスパーティ(学校職員編)

12月20日(水)ドミ共生活176日目

子どものパーティの翌日は学校職員のパーティ。
本校は学校の中庭で、管理職が食事を作って、
教員はもちろん、事務、掃除婦、カフェテリア店員、門番やその手伝いを含めた
全職員を招待するという形で行いました。

開始は11時。
もちろんそんな時間に始まるはずも無く、来た人から席についてビール。
人が集まってきた頃、12時半に、校内のcapilla(礼拝堂)へ。
monja(修道女)である副校長のお祈りの言葉と共に
今年一年にあった出来事と神様に感謝の言葉を一人ずつが述べる。
30分ほどでプチミサは終了し、パーティ会場である中庭へ。
管理職の作った(私も手伝った)食事を手に、飲み物で乾杯☆

歓談の後は、表彰式。
始めに校長先生に対する感謝の言葉と、校長先生からみんなへの言葉。
その後は全職員に対する表彰の儀式。
校名の入った缶バッジを胸につけてもらいました。
こんなんにお金使わなくてもいいよ・・・という気持ちも無くもなかったけど、
全員の働きを認め合うというのは大事だなと思ったりもした。

その後はお決まりのダンスパーティ♪
昨日の子どもパーティの時には無かったのに、
巨大スピーカーも(その業者も一緒に)いつの間にか入ってて、大音量で踊る踊る!
おそらく本校生徒であろう子どもたちが隣の民家から覗き見(笑)するのも気にせず。
男女がペアになって踊るのが通常なんだけど、
円になってその真ん中で一人ずつテキトーに踊ったりした。
おもしろかった~♪気持ちよかった~☆

教員だけじゃなく、「全職員」を大事にしている。
コレも、この学校のいいなと思うところデス。
ご招待いただいた他のパイロット校のディスコでのパーティもいいけど、
ちゃんと話ができて、表彰もできるなんて素敵。
業務時間中の真昼間から学校で飲むという事に、
日本人公務員としてはちょっと抵抗もありましたが(^-^;)
なかなかステキなパーティでした。

これで前半期終了です。
学期のまとめとか反省とか全くしてないけど・・・いいのかな?いいんだろうね。
また1月からぼちぼちやりましょー。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-12-20 16:56 | ドミニカ生活&文化
<< クリスマスパーティ(田舎ディスコ編) クリスマスパーティ(学校子ども編) >>