TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Japón

12月29日(金)ドミ共生活185日目

今日はシニア隊員さん宅でお昼ご飯。
日本からのお客サマが来られていたのです。
16年度1次隊の算プロ先輩隊員。
現職参加の中学校教諭の方だったので、
私たちの来る前の3月に任期を終え帰国。
私たちとは入れ替わり状態だったので、直接お話をするのは初めて。
前の算プロ話や、彼女が感じていた現場への想いを聞け、なんだか新鮮でした☆

ココが変だよドミニカ人。
ココが変、あそこが変。
こうしたらいいのに。なんでこうなんやろ?
そうやって話をしているうちに。。。
・・・でも、でも、でも。日本て変。すごい変。

学校現場一つをとっても、いっぱい出てくる。
教師の病休なんでこんなに多いん?
こっちではテキトーやからそんな精神的に病んでる人なんかいないし。
人間ある程度テキトーにやることも大切ちゃうん?
親が過保護すぎ。
自分の子どもの目の前の小石拾って歩かせすぎ。
失敗は成功の元。失敗も含めていっぱい経験しないと。
抗菌抗菌て言いすぎ。
こっちの子どもは逞しい。落ちてるものでも平気で食べる。
赤ちゃんの時からそうやって育ってるから、みんな強い。
一長一短があるのは当然なんだけど、
日本もドミニカに学ぶべき事がたくさんあるんでない?

帰国時には日本の学校現場に戻れるか心配してたけど
そんな心配は無用で、強制送還されて強制復帰させられるらしい。
そんな事考える余裕も与えず、順応していくっておそろしいぃぃ(^-^;)

そんな話をした後に出てきたのは、日本から持ってきてくれたお土産。
ツボをしっかりおさえた(笑)食材の数々。
最近の雑誌。老若(?)男女、いろんなジャンルを取り揃えて持ってきてくださいました。
日本から荷物が届いたばかりの私はちょっと遠慮しようとしたんだけど、
わかめにカレーに味噌にだしの素・・・いっぱいもらっちゃった。
どうもありがとうございました☆お気をつけて日本へお帰りくださいね。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-12-29 11:01 | Japón(日本)
<< コンスタンサ 祝☆半年 >>