TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2006年最後の日

12月31日(日)ドミ共生活187日目

2006年、大晦日。
日本はお正月までの一週間は、なんでこんなに忙しいんですかね?
街のクリスマスイルミネーションをお正月デコレーションに変え、
各家庭でも、大量の年賀状、家中の大掃除、おせち料理作り…。
こっちで過ごすと、何だかとっても「ゆったり」です。

年賀状は無い。
おせち料理も無い。お正月自体あまり特別視していないようで、
大晦日(というか年越し)を楽しむ人は多いけど、
飾りも料理もやることもクリスマスと同じ。
掃除も普段から蟻が来るから結構念入りにやっていて、
年末だからって特別なことはしないし。
「今年の汚れ、今年のうっちーに♪」なんてやらないようです。

私の大晦日は、プエルトリコから帰省?しているママの妹が
日本の料理を知りたいというので、ちょびっとだけおせち料理を作りました。
黒豆、筑前煮、海老煮、なます…。
人参の飾り切りを教えると、
シニアボラさん宅にお邪魔し、
同期4人と別のシニアボラとで、キムチ鍋をして年越し蕎麦を食べて過ごしました☆
日が変わるときには大量の花火(と爆竹)が。
モニュメントではもちろん、あちらこちらで上がっていました。
日本のように12時ぴったりにカウントダウンという訳じゃなく、
11時半くらいから増えだして、夜中2時までもやっていました。
時間にルーズっていう国民性がまんま出ていて面白かった(^-^;)
また、シニアボラさん宅の窓から見えるのがいい眺め。
存分に楽しませていただきました☆
花火を見ながら2006年を振り返っていました。

2006年も良い年でした。
念願の協力隊に参加できた事がやっぱり一番かな。
活動自体は思うように進まない事が多いけど、
「旅行」だけじゃなく「生活」をすることで、見えてくるもの感じるものが違った。
半年住んでみて、最近になって感じることも多くある。
そして、26年間一緒に住んでいた家族と離れて暮らした、初めての年でもあった。
おばあちゃんが亡くなって、世代交代を感じた1年でもあった。
家族を含めて、いろんな人に支えられて生きている事を実感した1年だった。
どうもありがとう。そしてこれからもよろしくお願いします。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-12-31 11:07 | つれづれなるままに
<< 2007年スタート☆ コンスタンサ >>