TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

学校再開

1月8日(月)ドミ共生活195日目

教育省が定めた12月22日からの2週間のクリスマス休暇
(実際は最後の週はパーティか休みだったので、授業はしていない)
が終わり、学校が再スタートいたしました。
8月から年度始まりなので、言わば後期スタートです。

午前は授業開始、午後は先生方の研修のため授業は無し。
午前も午後も掛け持ちしている2年担任のM先生が、午前は連絡も無く欠席。
「どうしたの?」と管理職に聞くと「知らない」。
仕方無いから、1年のS先生クラスで2クラス分の子どもたちが着席。
(どちらも3分の1ずつくらいの出席だったから、それでも席は空いてたけど)
なんかあったかな~と心配していると、昼過ぎにフツーに出勤。
「午後授業無いから午前も無いと思ってた(笑)」・・・あらそう。
日本でだったら大ヒンシュクモノ(って言うかありえない)やけど、周りの先生方も陽気。
「あっはっは!アンタじゃあS先生にビールおごらないとね!(笑)」
・・・いや、そういう問題じゃあないと思うんですけど・・・?
ま、円満に事が進んだんだからいいか。(いいのか?)

子どもたちの出席率はと言うと、第一日目の今日は予想通り半分以下。
他のパイロット校は全然機能していないところもあったそうなので、
それでもマシなのだと思うことにしよう。
前までは自分ひとりだけが焦って空回りしていた気がした。
先生方と「共に」、ゆっくり少しずつやらないと先生達はついてこない。
M先生のお陰で(笑)、第一日目から大事な事を思い出しました。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-01-08 11:17 | ドミニカ学校&活動
<< スキンシップ 運動会 >>