TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

チーム

2月28日(水)ドミ共生活246日目

今日は来週行われる講習会の再リハーサルを行いました。
月一度、昨年度からパイロット校となった3校の先生方を対象に
プロジェクトの活動として行っている講習会です。
毎回担当者を決めて、その担当者が中心となって講習会準備を行うのですが、
私の学校はこの講習会の対象ではないし
(私たちで3代目になる昔からのパイロット校3校は
昨年度までで一応終了しているので)、
せっかくチームでやっているのだから、仲間の意見を聞きながら、
みんなで練り上げていきたいという想いを強く持っています。
もちろん決まった形は無いから、意見が分かれることもしばしばだけど、
そうやってお互いに意見を出し合って協力していく事にこそ
チームとして取り組んでいる意味があると思っています。

先週一応リハはやっているので、
やらなくてもいいと言えばやらなくても良かったんやけど、
前回意見をもらった事を生かしてできればより完成度の高い講習会を開きたいし、
スペイン語のいい練習にもなる!と思い、声をかけて集まってもらいました。
二回目にも関わらずほとんど全員に集まって意見を出してもらえました。
ありがたい!意見をもらえるっていうのは、幸せな事だと思う。
日本にいたときにも思っていたけど、「良い」「素晴らしい」なんて言うのは簡単。
意見する、ダメだしするっていうのは、
一生懸命やっている人に対して一生懸命返すっていうことなんだと思う。
まだまだ考える余地がありそうです。
来週水曜の本番まで、しっかりイメトレもしておかなきゃね。

 ココでは「それ」が足りないんだよな~。
 こないだの校内研究授業。学年間での意見交換の場ですら、意見が出てこない。
  「チーム」なんだから、思った事を言い合おうよ。
  それが敬意を表している事にもなると思うよ。
 そんな事を言っても「もちろんよ」とは言うけど、
 「言うは易く行うは難し」。どう言ったらそれがわかるのかな~?悩みどころです。。。

再リハの後は、今後の活動について少し話し合いをしました。
私たちは6人のJOCV(協力隊)と、
それを取りまとめるシニア隊員の計7名で活動しています。
そのシニア隊員の方が来週帰国されてしまうので、色々困る事が予想されています。
それについて、今週末にJICA事務所とも話し合いを持つのですが、
チームとして、仲間として、協力しながらやって行きたいな~
・・・なんて事を考えている今日この頃でした。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-02-28 11:35 | ドミニカ学校&活動
<< 日本語教室&日本映画祭 Día de la Indep... >>