TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

初!講習会

3月7日(水)ドミ共生活253日目

月一回の、パイロット校3校を対象とした講習会。
(ずっと前からパイロット校となっている私たちの学校を含めた3校は、対象外)
今回の担当者は、私と同期。
彼は前回に引き続き・・・という事で、メインは私・・・となっていました。
内容は「わり算(2桁÷1桁。3桁÷1桁)」。
前回の「わり算(1桁÷1桁)」を見ていて、
本当に先生方はできないんだなぁという事がわかったので、
今回は、指導法よりも先生方の学力定着をねらいとして行いました。
中でも、筆算のやり方を覚える、それをパターン化するだけで意味を考えない・・・
という、指導パターンがとても気になっていたので、
「文章題に慣れる」という事に重点を置いて講習を行いました。

たし算でもひき算でもかけ算でも同じで、
授業の初めに「今日は2桁引く2桁の計算のお勉強をしますよ~」って言っていたら、
子どもたちは文章題を読むこともせずに、何も考えずに数だけ探して立式できちゃう。
たまには混ぜて問題を出すとか、ちょっと違うパターンの問題にするとか、
問題自体を考えさせるとか、してみては・・・?って提案するけど、効果なし。
でも、講習会をやってみて、先生達自身がそれに慣れてないんだから
無理な事を言ってたんだな・・・とも感じました。

ねらいとしていた事はクリアできたはず。
ただ、時間についての反省はいっぱい。
主催者側であるはずのDistritoからも誰も来ない、開催校の校長も来ない。
・・・で、30分遅れて開始。
いきなり「集まりがあるから早く帰らないといけない」と言われ、30分早く切り上げ。
午前も午後も、どちらも時間が全然足りず、
同期の担当分は超省略形(午後はできなかったし)になってしまいました。
○○さんごめんなさい。

自分の担当校でない、名前も知らない先生を相手にした講習会。
時間をわざわざ割いてもらっている!という気持ちが強く、結構緊張した。
スペイン語もまだまだだけど、なんとか自分の考えも伝える事ができたかな?
とりあえず。終わってホッ。。。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-07 22:30 | ドミニカ学校&活動
<< お別れ 全校集会 >>