TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1年

3月22日(木)ドミ共生活268日目

3月20日、日本の(在籍校の)卒業式でした。
私が教師一年目に担任した当時3年生の子たちが卒業。
その式に出席できなかったのは本当に本当に残念だったけど、
彼らが立派に巣立って行ったと聞き、時の流れを実感。

一人の卒業生が、14日の誕生日に(私は入院していてメール見れなかったんやけど)
誕生日メールを送ってくれて、
「『N先生(私)は、休み時間にいつもドッチボールをしてくれた』
って式で言います。先生には式に出席してもらえないけど、
ちゃんと立派に卒業したよって気持ちが届くといいな。」
・・・って教えてくれた。・・・泣けた。

教師一年目の私は超未熟で(今も未熟者やけど)、
子どもたちにも(保護者にも)、本当にいっぱいいっぱい迷惑をかけたと思う。
今から思えば、なんであんな風にテンパッてたんやろう・・・
なんであんなに悩みまくってたんやろう・・・ていうようなことがたくさんある。
きっと、ダメ先生やったに違いない。
なのに、こんなメールを送ってきてくれて、素直に嬉しかった。
もちろん私と合わなかったコもいるやろう。
迷惑極まりない!って思っているコも(保護者も)いるやろう。
ホントにホントにごめんなさい。
でも、私にとってはすごくあの一年は貴重な一年やった。
きっとあの学年は一生忘れない。私の宝物です。
卒業オメデトウ!これから先も、いっぱいいっぱい悩んで、もっともっと大きくおなりっ!

日本の今日(3月22日)は、終了式。
去年の終了式で、全校生にドミニカ行きを、
「夢」を語ったのが昨日のことのよう。
もう一年も経ったんやな。
私の任期は、来年3月21日まで。
(帰国日なのか、日本到着日なのか、研修終了日なのか・・・は不明)
残り一年を切りました。
ドミニカの学校に何かを残したい。
彼ら(先生たち)の心に何かを刻みたい。
そして、自分自身も成長させたい。
私に今できることは何か、何をすべきか。
あと1年、悩みながらもがきながらやっていきたいと思います。

・・・とりあえず、今できること。
血液検査の結果が吉と出るように早く寝る。
(検査結果が良ければサンティアゴに帰れるの~!早く帰りたい~!)
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-22 11:46 | つれづれなるままに
<< 帰宅 Dengue(デング熱)10日間 >>