TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大人スペイン語

4月9日(月)ドミ共生活286日目

先月末から語学学校に通っている。
駒ヶ根で70日間(実質60日程?)の語学訓練、
こっちに来てから1ヶ月間の現地語学訓練を受け、
任地に来てホームステイ&活動がスタートして8ヶ月。
日常会話はそれなりに一応しゃべれるようになった。
でも指導法や教育観など活動先での細かい話になると、
語彙力もまだまだだし文法も理解できてない事を思い知らされる。
文法に関しては、たまにテキストを見たり人に聞いたりしてはいても
イマイチ理解できないままだった。

そんな時。ラッキーな事にJICAから「フォローアップ研修」の話が。
今までに半年から1年の滞在をしていて、より語学が必要とされる職種
・・・という事で私たち18-1同期5人にお声をかけていただきました。
ドミニカ人何人かに「スペイン語を勉強する」と言ったら
「あんたは喋れてるじゃない。何を勉強するの?」
な~んて嬉しい事を言ってくれちゃう人もいるけど、それは間違い。
意味はよくわかんないけど真似して使ううちに習得していく
・・・というタイプの私は、文法もよくわからないままに使っている事多々。
日常生活では間違っていても相手に伝わればそのまま流れてしまうから、
おそらく私は子どもみたいな話し方をしている。
話す中で身につけるタイプというのは、実際上達は早いのかもしれないけど、
文法を理解していないことには、いつまで経っても「お子ちゃまスペイン語」。

マンツーマンでなくグループレッスンを希望していたんだけど、
一緒に通うことになった同期は、文法に長けていて教えてもらえるのもありがたい。
まだ通い出してたった3回だけど、
何度説明を聞いても理解できなかった構文が少し理解できるようになった。
前に同じ説明を聞いても理解できなかったけど、今回やっとこさちょっと理解できた。
週3回1時間半ずつ。宿題も結構出るしハードだけど頑張ろうっと!
教育観も指導観も、「大体」じゃなく詳しい話ができるように。
もっと上達して「大人スペイン語」が使えるように。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-04-09 12:19 | つれづれなるままに
<< お休みの理由 新たな気持ちで >>