TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ご近所

5月1日(火)ドミ共生活308日目

昼食後、門番のLurdy宅へお邪魔。
Lurdyには一番上の32歳から23歳まで年子で8人の兄弟がいるらしい。
スグだからと連れて行ってくれ、お母さんを始め家族を紹介してくれました。

この国では昼休みが2時間あって、その間に一度帰って家族団欒をするのが一般的。
中には家が遠くて帰らない人もいるけど、ほとんどは近くに住んでいる。
学校の先生も例外ではなく、地域在住の人もたくさんいます。
ウチの学校はバリオと呼ばれる貧困層の中にあるのですが、
路地をくねって行った彼の家には、
近所の子(すなわちウチの学校の子)がたくさん来ています。
この地域に限らず、普段から開けっ放しでいろんな人が出入りしていて
どれが近所の子でどれが兄弟なのか不明。みんな家族みたいなもん。
…きっと良い面も悪い面もあるんだろうな。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-05-01 03:54 | ドミニカ生活&文化
<< 体に悪い事 南西部旅行 >>