TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

体に悪い事

5月3日(木)ドミ共生活310日目

食べる時間が無くてお昼ご飯を抜いた。
その事をチラッと話したら「ダメよ!食べなきゃ!体に悪いわよ!」
甘いもの大好き、いつも何かしらお菓子を食べている、
(子どもたちも小さい袋菓子をいつも片手に持っています)
朝ごはんは食べず10時頃にバナナとかの軽食を食べる、
・・・そんな、日本人の私からしたら、体に悪い事をいろいろやっているドミニカ人ですが、
彼らにとっては、メインディッシュの昼ごはんを抜く事ほど体に悪い事は無いみたい。
もちろん日本でもご飯を抜く事はよくないけれど、
忙しくて昼ごはん食べそびれた・・・ってそんなに珍しい話ではないよね?
これもちょっとした文化の違いでしょうかね。

ちなみに、栄養に対する知識の違いもちょっと。
「貧血気味だから鉄分を多く含むものを食べないといけないんだ~。」と言うと、
『そうだ。りんごやみかんは体にいいぞ。』と言う。
「?でも果物はビタミンはあるけど、鉄分はあんまりないよ?」と返すと
『そうなの?なら鶏肉をいっぱい食べろよ。』
「・・・鉄分は牛肉とか肝臓に多く含まれてるけど、鶏肉はあんまり無いよ?」
私も栄養素について詳しくないけど、日本じゃ当たり前に知られている事も
あまり知らない事のほうが多い。
やっぱり学校教育で、家庭科とかの教科として学ぶっていうのは大きいのかも?と思う。

あと、あまり知らないのに「知ったかぶり」をするっていうのも
この国の人たちに多いかも(笑)
それから、Vitamina(ビタミン)は栄養素の一部ではなく、
「栄養のあるもの」全般として使っているよう。
なんでもかんでも「ビタミンがある」と言うのに違和感を感じてしまう私です。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-05-03 07:15 | ドミニカ生活&文化
<< Padre Las Casas ご近所 >>