TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ドミニカ観光&旅行記( 27 )


Guayacanes ~校内研修(親睦)旅行~

6月7日(木)ドミ共生活345日目
6月8日(金)ドミ共生活346日目
6月9日(土)ドミ共生活347日目

学校の先生方と旅行に行ってきました。
我が校の副校長Alexはmonja(修道女)。
彼女つながりで、「Casa loyora」キリスト教系の宿泊所に泊まりました。
「交通費以外は宿泊費も食費も要らない、学校が負担するから」と言われ、
「??そんなお金はどこから?私は自分の分は出すよ。」と言ったところ、
「この旅行は『一年間お疲れさま。よく働いてくれました』という意味の旅行。
学校からのプレゼントなのよ。お金は子どものためのお金とは別だから大丈夫。」と。
他の学校の様子を聞くと、他じゃ有り得ない。
やはり修道会から結構援助が出ていると言う事?
それならそのお金をプリントとかにまわせない・・・?という気持ちもあるけど、
こうやって先生達と仲良くなる事はさらに大事と言う事なんかな。
(お陰でウチの学校は、管理職と先生達、先生達同士の関係はとってもいいので)

・・・という事で、タダ同然で参加した旅行。
宿泊施設も食事も大した事ないと期待していなかったんだけど、
主要道路に面した、大きな家のスグ裏は海。
4~6人用の2段ベットのある部屋が20部屋くらいあって、
シャワールーム・トイレもそれぞれ設置。
たくさんの人が泊まれるように食器類も揃っていて、なかなか立派な家でした。
普段は誰もいなくて、首都に住む修道士さんが鍵を持って来てくれたんだけど、
彼は木曜到着でなく、金曜到着だと思っていたよう。
その辺のテキトーさがドミニカだなぁ~なんて笑っちゃいました(^-^;)

それぞれ家族を連れてきている人もいて、総勢30数名。
普段は誰も使っていないので、到着してすぐみんなで大清掃。
研修もする・・・とは言っていたけど、実際は海で遊んで、
食べて、飲んで、お喋りして、ドミノ(という卓上ゲーム)して、トランプして・・・。
食事も当番制で作って、片付けもして、合宿みたいで楽しかったです。
何よりも、いろんな人と「他愛の無い話」ができたのが良かった。
いつもは忙しそうで余計な話を持ちかけるのが難しいAlexと
「なんでmonjaになろうと思ったの?結婚したいとか思わなかったの?」etc.
牧師さんも「それはいい質問だ。是非聞いてみよう。」
なんて言いながら、いろんな話ができました。

Alexはじめ、みんなに感謝です。ありがとう☆
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-06-09 01:14 | ドミニカ観光&旅行記

自然保護と観光地化

5月13日(日)ドミ共生活320日目

ラ・ロマナに宿泊し、本日訪れたのは30分程西に行ったところにある、
80年ほど前に発見された鍾乳洞、
Cueva de las Maravillas(直訳すると「驚異の洞窟」)。
洞窟は大きくて神秘的で、タイノ(先住民)の壁画も残っていたりして
素晴らしいところだったけど、正直、観光客向けの設備が立派過ぎて残念だとも思った。
ピカピカの通路に、センサー付きのライト。
日本のODAの援助もあったらしく(詳細は不明)エレベーターまでありました。
自然を見に来てるんだから自然なままでいいのに…と思ってしまった。
それだけの費用がかかっているからか、入場料は一律200ペソ(750円)。
それじゃあ、お金持ちの人しか来れないよ。
もっと安い料金設定で、広く一般に公開したらいいのに。
さらに団体割引とかして、学校の遠足とかで来れるようにしたらいいのに。

海や山で今美しいと言われているところも、
最近いろんなところが観光地化されて来ていて、
人がいっぱい来るようになるとその自然が汚れてしまう。
人が来ないように観光地化しなければいいと思ってしまうのは単なるエゴだけど、
観光地化することで豊かになればいいとは思うけど
自然を保った形で、それができたらいいのにな…と思います。

お昼ごはんを食べたのはラ・ロマナ市内にあるお洒落なカフェ。
首都にもサンティアゴにもこんなお洒落なカフェは無い!!
クロワッサンもチーズケーキも美味しかったし安かった☆
近くにCasa de campo(直訳すると「田舎の家」)という巨大リゾート地があって
(ちなみにそこはRickyMartinやShakiraなどの有名人の別荘もたくさんあるらしい)
そこを行き来するお金持ちの外国人もたくさん訪れるからかな。
街の雰囲気もなんだか素敵なラ・ロマナでした。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-05-13 23:25 | ドミニカ観光&旅行記

サオナ島

5月12日(土)ドミ共生活319日目

首都からバスで1時間半のところにある、南東部のまちLa Romana(ラ・ロマーナ)。
そこに8人が集まって、そこに住む先輩隊員のアテンドで、
さらに東に行ったビーチBayahibe(バジャイベ)からボートに乗って
サオナ島という国内最大の島に行ってきました。

まっすぐ行けば30分程度で渡れるところを、
本島の端の国立公園(人は立ち入り禁止なので外からしか見れない)や、
鳥(大きく羽を広げて飛んでる姿が気もちよさそうだった)がいっぱいいる島、
地層が見れる岸壁の近くや、マングローブの中を行ってくれたりして、
1時間半くらいかけて行ったボートの旅も楽しかった。

雲は結構あって、雲で覆われた部分だけ海の色は黒っぽい。
太陽が出ると海の色は明るくなるんだけど、その色の変化がおもしろかった。
ボートで移動しながら、体で太陽の光を感じると同時に。海の色の変化を楽しめた。
海の色を変える雲たちもまた美しい。
この国では、普段街中でも、青い空に浮かぶ白い雲は本当に美しいと思うけど、
広い空の中で、ひつじのように、くじらのように、
自由に形を変える事のできる彼らが、なんだか羨ましく感じた。

海は乳白色のエメラルドグリーンで、空は乳白色のスカイブルー。
どちらも絵の具で白を混ぜたみたいな色をしていた。
水平線は濃い色でその境界線をきっちりと示しているけれど、
大きな波が来たときには、その水平線が隠れ、一瞬だけ境界線が無いように見える。
その一瞬が見たくて、泳ぎながらずっと海と空を眺めていた。
あぁ!言葉で書いてもうまく伝わらない…己の表現力不足が恨めしい。
…とにかく感動的だったのです。

噂には聞く、一度は訪れるべきビーチと言われるだけあって、ここもまた海が綺麗!!
最初に言ったビーチはさんご礁がいっぱいあって体が擦れて痛かったけど、
人がいっぱいいると聞いていた反対側のビーチに行ってみると、なんと貸切状態!
大勢で行くのって楽しい♪トンネルを掘ったり、組体操や相撲をしたり(見たり)。
帰ってくるとみんなすごい日焼け(><)
よく考えてみたら、今までビーチに行っても3~4時間程度で、
今日みたいにボートも含めて丸一日外にいた事なんて無かったかも。
こうやって、どんどん色素が沈着していくのです…。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-05-12 23:22 | ドミニカ観光&旅行記

Padre Las Casas

5月5日(土)ドミ共生活312日目
5月6日(日)ドミ共生活313日目

同期一人隊員の任地、Padre las casasという田舎町に行ってきました。
植林隊員である彼の任地だけあって、なかなかの田舎です。
物価が安いので、そこらのComedor(食堂)も安い。
「ここに住んでたらお金使わんで~」と言っていたけど、ホントにそうなんやろうな。

任地の近く(と言っても歩いたら片道3時間半~4時間)のところに温泉があるとの事。
馬&ロバで行けるというので、ホーストレッキングを兼ねて行ってきました。
温泉もよかったけど、それまでの行程が楽しかった!
馬でも片道2時間はかかったけど、帰ったらお尻が痛くなってたけど、
同期曰く「歩いた方が疲れんかった」らしいけど、
馬好きの私には最高に楽しかった♪

夜は星がいっぱい♪
(でも雨期のためスグに雲が出てきてちょっとしか見れなかったけど)
その中でいっぱい話もできてすっきり☆
○○ちゃん、お互いいろいろ悩みもあるけど、がんばっていきまっしょい!

こんな道を行きました。
f0109097_037158.jpg













行った先の温泉。まぁぬるま湯なんやけど気持ちよかった♪
f0109097_0362520.jpg
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-05-06 14:14 | ドミニカ観光&旅行記

南西部旅行

4月28日(土)ドミ共生活305日目
4月29日(日)ドミ共生活306日目
4月30日(月)ドミ共生活307日目

2泊3日で初の南西部へ行ってきました。
目指すは、Santiagoから首都SantoDominigoまで2時間、
さらに首都から西へ3時間行ったところにあるBarahonaという町。

昼過ぎにBarahonaに到着し、「川が海に死ぬところ」へ行ってきました。
「河口」という意味なんだけど、スペイン語ではそう言うらしい。おもしろいなぁ♪
砂浜ならぬ石浜で、10メートル上流は大きな岩だらけなのに
河口に近づけば近づくほど丸く、小さくなっていました。
結構波が高く地面も小石なので痛いので、みんな川であそんでいました。
川の水は湧き水で、透き通っていて超冷たくて、
海水じゃないから飲めちゃうくらい綺麗でした。
そんな綺麗な水の中で、シャンプーをして(&体を洗って)いる人発見。
川の水が汚れちゃうよ~とも思ったけど、町へ帰ると断水中だったので、
川で洗うのが合理的な気もしました。

San Rafael
f0109097_240084.jpg














日系2世の友人の実家へ泊まらせていただき、
シニアボランティアさんのお宅で魚料理(刺身も!)をいただきました。
島国なのになかなか魚を食べる事ができなくて
魚介類好きの私はいつも寂しい思いをしているけど、Barahonaでは獲れるらしい。
夏場にはシガテラ中毒という病気に注意しないといけないけど今は大丈夫。
Uシェフの腕を振るった料理をいただいて幸せでした☆ありがとうございました!

魚介類満載のディナー
f0109097_214620100.jpg


Barahonaはわりと大きな町だったんだけど、南西部はこちらより雨が少ないらしい。
道路を走っていても北部に比べて乾いた土地である事を感じたし、
何より日差しが強い!Santiagoよりだいぶ暑い気がしました。
一日のうち朝1時間くらいしか水が出ないらしく、全部溜め水で過ごしていました。
電気も5時間あると5時間止まるといった具合。
普段水も電気も(この国の中では)恵まれた暮らしをしている事を実感しました。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-04-30 02:35 | ドミニカ観光&旅行記

Puerto Plata(プエルト・プラタ)

4月21日(土)ドミ共生活298日目

我が町Santiagoから一番近いビーチのある、
Puerto Plata(プエルト・プラタ)へ行ってきました。

ビーチもだけど、一番の目的はteleférico(ロープウエイ)。
711mの山から街&港を見下ろせました。
落ちないかちょっとだけ心配だったけど大丈夫でした(^-^;)
車以外の乗り物(電車とかモノレールとか)って少ないからなのか、
一緒に乗ってたドミニカ人たちがやたら興奮してて、彼らの様子もおもしろかったです。

山頂にてキリスト様と交信中の私(笑)
(なんかこのキリスト像、顔と手のひらおっきくない?)
雨もぱらぱら降っていて、山の上はちょっと寒かったです。
f0109097_0482219.jpg

続いて訪れたのは琥珀博物館。
映画「ジュラシックパーク」のロゴ、パクリまくってるやん!
とか思ったらそうではなく、本当にその表象を正式にいただいたらしい。
映画で使われた琥珀もココに展示されていました。
f0109097_0423997.jpg

雨が降ってきたので早めに退散。
肌寒くてビーチも入れなかったけど充分満喫できました。
また次回は海にも入りたいな。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-04-21 02:59 | ドミニカ観光&旅行記

クジラ

3月10日(土)ドミ共生活256日目
3月11日(日)ドミ共生活257日目

サマナという東海岸のまちに、クジラを見に行ってきました。
・・・クジラがいました。海の中に。
でっかかった。近くで見るとホントにおっきかった。
私ってちっぽけなんだな・・・て思った。デカイけど(笑)
私の考えてる事なんてきっとちいちゃいちいちゃいことなんやな・・・て思った。
サマナのまちはこじんまりしていて可愛い。
海のあるまちはやっぱりいいな。
よし、またゆっくり来よう。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-10 22:34 | ドミニカ観光&旅行記

Costa Dorada

2月17日(土)ドミ共生活235日目
2月18日(日)ドミ共生活236日目

Santiagoから一番近いPuerto Plataのお隣のビーチ、
Costa Dorada(ホテルイベロスター)に行って来ました!
ビーチリゾートの大人の楽しみ方を学ぼうと、
シニア隊員一人と先輩隊員一人と、同期一人と4人一緒に。
綺麗だった~楽しかった~のんびりできた~。
一泊でもこれだけ楽しめるんやってことがわかった。
日本にいる皆さん、ドミニカにいらっしゃいませんか?
100米ドルちょっとですごいビーチリゾートが楽しめちゃいますよ♪
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-02-17 11:43 | ドミニカ観光&旅行記

La Vega

2月11日(日)ドミ共生活229日目

LaVegaという隣町にCarnaval(カーニバル)を見に行ってきました。
2月の週末は、全国各地でCarnavalをやっているそうなのですが、
中でもLaVegaはすごく有名だという事で行ってきました。

Diablo(悪魔)のお面をつけて、
派手派手の衣装を身にまとってグループで行動
・・・まず、その迫力に圧倒されました。
そして、Diabloが持っているボールみたいなので
通行人のお尻を叩きまくります。
なんか意味があるのか?と聞いても誰にもわからない(^-^:)
なんかご利益があるとかっていうなら、
ちょっとくらい叩かれてもいいかな?って思うけど、
意味無いなら叩かれ損やん!(笑)
しかも、青あざできちゃうくらい超痛いし(泣)
「嫌だ!」って逃げてんのに、無理やり叩いてくるし(怒)
逃げて変なところ(太ももとか)叩かれたら本気で痛いし(激怒)
一緒にいた先輩隊員は本気で嫌がって、泣きべそをかいていました。
「カーニバルはあんまり好きじゃない」と言う人がいたけど、ちょっとわかる気もする(^-^:)

それにしても、2時くらいから6時くらいまで、あんなにいっぱい着て町を歩き回る
(しかも2月のほとんどの土日を!)なんて、
すごいエンターテイナーだな・・・なんて変に感心しちゃしました。
比較的涼しい時期とはいえ、倒れちゃうんじゃないかとちょっと心配。
LaVega在住のシニア隊員の一人が、
このカーニバルチームに所属していてDiablaをしています。
衣装を作るのに夜鍋仕事をしたり、
その金額も10000ペソ(35000ペソ)とかしてるっていうからハンパじゃない。
La vegaの人はカーニバルのために1年仕事を頑張っている
っていう噂もあながち嘘ではないのかもしれません。

それにしても、すごい人!
バスツアーも出ているらしく、中心部では身動き取れないくらいたくさんの人がいました。
2月の最終週にかけて、さらにすごくなっていくって言っていたけど、
これ以上どうすごくなるのかしら・・・?
もっといっぱいの人が来るの?(嫌だ~!)
もっといっぱい叩かれるの?(嫌だ~!!)
・・・とりあえず、今年は垣間見れただけで超満足。もうお腹いっぱいな感じでした(笑)
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-02-11 22:50 | ドミニカ観光&旅行記

Punta Cana ~ビーチリゾート大満喫の旅~

1月3日(水)ドミ共生活190日目
1月4日(木)ドミ共生活191日目
1月5日(金)ドミ共生活192日目
1月6日(土)ドミ共生活193日目

首都から4時間強。
行ってきました、東海岸ビーチ・リゾートPuntaCana!
日本からは遠すぎて、あまり名を知られていないドミニカ共和国ですが、
ヨーロッパでは結構名の知れたビーチ・リゾート地だそう。
特に、東海岸のビーチは、海外旅行者がいっぱい。
英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語・・・あと判別不能語も。
外国人が半分以上いたんじゃないかな?
案内はもちろん、ショーとかも英語とスペイン語と両方でやってたし。
私たちももちろん英語で話しかけられました。
残念ながら、スペイン語のせい(?)で、英語をどんどん忘れていっています。
高校時代、英語コースだった私は一体どこへ?というほど、
かろうじて耳は聞けても、全然単語は出てこない。
喋ろうとするとスペイン語が出てきてしまいます・・・悲。

国内旅行でありながら、海外旅行をしてきた感じ。
日本にいたら3泊4日も海外ビーチにゆっくり滞在なんてできないよね~ということで、
ちょっとリッチに(ツアーで行くより格安だったみたいだけど)
プライベートビーチのある(PuntaCana自体プライベートビーチしか無いんだけど)
4ツ星ホテルで究極のビーチ・リゾートを満喫してきました。
オールインクルーシブだから、飲食フリー。
食べ物もお酒もいっくらでも好きなだけ食べれちゃいます。
食べ過ぎて太らないように、運動もしなくちゃ!と、
海にプールに卓球、テニス、ディスコ。
テニスも卓球も、どこでもできそうでなかなかみんなでって難しいけど、
サンティアゴ在住同期5人全員で、思いっきり楽しんできました。
テニス好きの同期がコーチしてくれたおかげで、
初めてテニスの楽しさがちょっとわかった。ありがとう。
時期が悪かったのか、晴れたり降ったりの天気が悪かったのか、
噂に聞いていた程の美しい海では無かったけれど、とっても楽しかった☆
あと、密かに楽しみにしていたお風呂。
湯船に使って&ビーチでの読書もいい気持ちだったぁ。

ショーとかエクササイズとかもやってて、長期滞在しても全然飽きさせない工夫が満載。
もちろんオプションで、エステとかマリンスポーツとかもいっぱいできる。
ホテルの人の話によると、半年間も滞在している日本人がいるとか。
でも、そんなに長期間も、上げ膳据え膳、やりたいことだけして過ごしてたら狂っちゃいそう。
感覚が麻痺して、普通の生活に戻れなくなりそうです。
もちろん私はそんな心配にも及ばず、あっという間に4日間が過ぎ、
あぁ~もう帰らなきゃ・・・と思いながら帰ってきました。
今年は、泊まりでしか行けないようなちょっと遠出ももっとしてみたいな。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-01-06 11:11 | ドミニカ観光&旅行記