TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:つれづれなるままに( 88 )


英語

2月8日(木)ドミ共生活226日目

最近、英語は聞けても話せない。
生まれはドミニカ、赤ちゃんのうちにアメリカに渡ったという、
英語が母国語の友人がいて、彼とは基本的にスペイン語で会話するけど、
英語で話そうと思っても出てこない!
たまに英単語は知っていてもスペイン語の単語を知らない
・・・ていうパターンもあるけど、基本的な英単語が出てこない。
高校時代「普通科英語コース」だった私。
高校に入学した頃は、英会話教室講師なんてのもいいかも?なんて思っていたのに。
まぁその後はあんまり伸びも無く、元々「喋れる」というレベルではなかったんやけれども。
今日は映画を2本(「The day after tomorrow」「Snake in the plane」)を
音声英語(スペイン語字幕)で見ました。
今はとりあえず、スペイン語をマスターしたいけど、
もうちょっと話せるようになったら英語もちゃんと勉強したいな。
そんな事を思う今日この頃です。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-02-08 22:47 | つれづれなるままに

一般短期隊員

2月5日(月)ドミ共生活223日目

今日は一般短期の方のお宅訪問。
彼女は16-1で二年間の派遣期間を終え、
再度3ヶ月間の短期派遣で来られていて、
こないだ帰ってきたと思ったところだったのに、
あっという間に3ヶ月終了で、もうすぐ帰国されます。
ネットの利用etc、何度かウチに来られたりしていた彼女。
今日は最初で最後のお宅訪問をさせていただきました。
彼女のお宅には、次は18-2の方が来られるらしい。
どんな方かな?・・・楽しみです☆
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-02-05 10:26 | つれづれなるままに

書道

2月1日(木)ドミ共生活219日目

放課後、同期隊員5名がDistritoに集合。
来週行われるBienvenida(歓迎会)&Dispedida(送迎会)の準備をするためです。
持ち回りで、Bienvenida(歓迎会)は前回来た隊次が、
Dispedida(送迎会)は次回帰る隊次が、幹事を務めることになっています。
今回の新隊員は18-2なので、コレの幹事が私たち18-1。
本来であれば歓送迎会を一緒にすることはないのですが
この度シニア隊員と一般短期隊員の方4名が帰国されるので
一緒にさせていただく事になりました。

本日はその準備。
5時半過ぎに集まって、予想通り停電中のため、
日が暮れるまで(7時前頃)に終わらせるのが目標でした。
「歓迎十八年度二次隊」「任期終了お疲れ様」
私はそれを筆で書いただけなんだけど。
子どもの頃習っていた書道。久しぶりに筆を持った。
・・・やっぱり書道は日本人の心やね。少し心が落ち着いた気がしました。
終わった頃には真っ暗で手元もわからないくらいに。
出来は・・・まぁ置いておいて、楽しませていただきました☆

「書道」「茶道」「華道」「剣道」「柔道」・・・なんでもかんでも「道」にしてしまう日本人。
その「心」が素晴らしいじゃあありませんか。
書道も茶道も華道も、師範をしていた祖母を思い出した。
私はといえば書道は子ども時代のみ、茶道も華道もやりたい
・・・と言いながら中途半端なまま。
日本に帰ったらちゃんと習ってみたいな・・・そんな事を思いました。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-02-01 13:05 | つれづれなるままに

人生いろいろ

1月28日(日)ドミ共生活215日目

優勝パレードがあると聞き、モニュメントへ。
3時開始と聞いて4時ごろ行く。何時に来るのかと聞いても答えはお決まり「もうすぐ」。
歓声が聞こえたから「来た?」と思っても、来るのは装飾をまとったただの一般車。
7時前まで待ってたけど結局来ず終い…
結局みんな何時に来るのか知らんかったみたい。
後で聞くと、4時過ぎに球場を出発して、いろんな道をゆ~っくり通って、
終点のモニュメントに来ていたらしい。
すごいお祭り騒ぎで、選手も市民もビールとジュースで体はベトベトやったらしい。
何時にどこを通るっていうのを公表していたら、
すごい事になるからあえて教えないのかも知れません。

その後、一ヶ月前に知り合った日本人の方と、同期4人+先輩隊員2人が集合。
Águilasの日本人トレーナーに、協力隊の中でも世界放浪歴のある人数人。
世界各国の美人さんの町や、世界沈没宿(ダメ日本人の溜まり場)とかで大盛り上がり。
それぞれいろんな人生があるんやな~なんて妙に感心してしまった。
隊員のほとんどは新卒もしくは仕事をやめてきている。
日本に帰ってからの事も未定の人がほとんど。
私みたいな現職参加は帰ってから仕事が待ってるけど、
そうでない人たちは期待半分&不安半分なんやろうな。
教科書一般の事を伝えるだけでなく、生で見た事を語れるような教師になりたい。
話をしながらそんな事を思いました。・・・まだまだ修行が必要です。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-01-28 01:07 | つれづれなるままに

オメデトウ☆

1月21日(日)ドミ共生活208日目

今日は同期の一人のバースデー。
本人のご希望により、SUSHI-YAに行ってきました。
久しぶりのお刺身~☆
ココにおいているのはサーモンとマグロだけだけど嬉しかった(^-^*)
プレゼントは、クリスマスとバレンタインに着るという真っ赤なポロシャツ。
気に入っていただけたかしらん?

二次会?はいつもの店、Esquina(角)。
いつもに増して突っ込んだ話ができて、おもしろかった。
人生観、恋愛観、教育観・・・人それぞれ、いろんな価値観がある。
ココにいると、さらに価値観の違いを感じるけど、それでいいんだろうな。
何が正しくて何が悪いとかじゃない。
でも、だからこそ人生っておもしろいのかもね。

20代最後の年が彼にとって素敵な年になりますように☆
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-01-21 01:24 | つれづれなるままに

恋しい

1月18日(木)ドミ共生活205日目

寒い。お風呂のお湯が出ない。
水さえも危うい隊員もいるので贅沢は言えない。
…わかっちゃいるけど、寒い。。。
自分のキッチンがあるから、
お湯を沸かして入れば何とか少量のお湯は確保できる!
…わかっちゃいるけど、もっとお湯が欲しい。。。

前までは結構十分なお湯が出ていたけど、
ある日「バチッ」と音がしたかと思えば、
Calentador(温水機)が丸焦げ。
とりかえてもらったはいいけど、それ以来お湯の出が悪いのです(>_<)

今日は久しぶりの同期定例会。
よく行く中華系レストランの後、ついついいつものコースで外のバー?へ。
楽しかったけど、すっっごく寒かった(>_<)
朝晩めっきり寒くなったな~と思ってたけど、
ずっと外に居っ放しでいる事なんてなかったもんな。
お湯が恋しい季節です。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-01-18 10:18 | つれづれなるままに

12年前

1月17日(水)ドミ共生活204日目

12年前の今日、1995年1月17日。
突如襲った阪神淡路大震災。
私は当時中学3年生。

微妙に活断層から少しずれていたおかげで我が家は一部損壊で済んだけど
近くに住んでいたおばあちゃんちは全壊。
それでもおばあちゃんも無事で、みんな元気だったのが何よりだった。
まだコドモだった私は、ありえない状況の中で何をどうしていいのかわからなかった。
何が起こっているのか状況把握ができなくて、とにかく不安で不安で仕方がなかった。
いつもは喧嘩ばかりの兄妹&鬱陶しがっていた両親だったのに、
家族の存在が不安定だった私の心を落ち着かせてくれた。

学校は休校、落ち着かない生活の中で、
それまで考えた事の無かった事をいろいろ考えた。
周りでたくさん人が亡くなったという事実を前に、
「死ぬ」という事がどういう事なのかを、おそらく生まれて初めて考えた。
その何年か前に「流行って」いた同世代のいじめによる自殺を考えながら、
「生きる」って何なんやろうって考えた。
破壊されたまちの中で、私って何なんやろうって考えた。
火を見て、瓦礫の山を見て、私はきっと幸せなんやろうと思った。
今生きているという事に感謝しないといけないとも思った。
大事な人を亡くした人を見て、ボランティアの人を見て、
人という生き物は、一人ぼっちじゃ生きていけないんだなぁと思った。
私も人の役に立つ生き方をしたいと思った。

あれからもう12年。
教師という職業を進路に決めたのもこの頃。
もう二度と起きて欲しくないけど、
あの大震災が私の人生に大きな影響を与えたのは事実だと思う。
震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、
今生きているという事に感謝したい。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-01-17 11:29 | つれづれなるままに

先輩隊員

1月11日(木)ドミ共生活198日目

会計報告のため首都へ(行ったはずが、忘れ物をしてまた来ないと・・・とほほ)。
業務の一環としての会計報告や報告会・・・
なんだかんだと結構首都には頻繁に来ている気がします。

昨日、18年度2次隊の方6名が来られたそうです。
今までは12月派遣だった2次隊ですが、一ヶ月ほど遅らせての派遣。
私たちは、例年より少し早い派遣だったので、
派遣後半年経って、やっとこさ先輩隊員となりました。
(17-3先輩方は3ヶ月で「先輩隊員」になってたのに)
いつまでも「来たばっかり」だと思っていてはいけませんな。ハイ。
余談ですが、今後は年間4回派遣になる(しかもシニアと合同で訓練をするそう)です。
訓練所(特に語学講師)は大変だぁね。。。ヒトゴトやけど(笑)

私たちみたいに教育関係者ばかり、しかも同じ都市への派遣と言うのではなく、
職種も派遣先もバラバラの6名の皆さん。
我がサンティアゴにも、1名理学療法士の方が来られるそうです。
一ヶ月間の語学訓練、懐かしいなぁ。。。楽しかったなぁ。。。
私が帰るまで、同じ国で時を過ごす仲間。どうぞよろしくお願い致します☆
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-01-11 22:28 | つれづれなるままに

2007年スタート☆

2007年1月1日(月)ドミ共生活188日目

2007年。丸々1年をドミニカで過ごせる唯一の年。
身ではなく(笑)心が、もっともっとパワーアップできるように、
謙虚な気持ちと感謝する心を忘れず、精進していきたいと思います!
目標はやっぱりスペイン語。
それなりにテキトーに…っていうのでなく、
やっぱりきちんとレベルアップしたいから。

シニアボラさん宅にてみんなで、お餅の入ったお雑煮と
大晦日、ママの妹のために作った
ちょびっとのおせち料理を食べ、みんなと別れ、帰宅。

ひょんな事から知り合った、サンティアゴの野球チームAguilasの
トレーニングコーチをされている日本人とご対面。
アメリカ大リーグのオフ中、こちらのウィンターリーグに来られているそうです。
何の約束も無く、来年自分がどうなっているかわからない、
それでも自分のやりたいことを仕事にして、
頑張ってらっしゃる姿に感銘を受けました。
いろんな生き方があるけど、彼の生き方もまた素晴らしいなと思いました。
私らしい生き方って何だろう?
私は私らしく、自分に正直に生きていきたいな。
そんな事を考えた、2007年元日でした。
みなさま、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-01-01 11:09 | つれづれなるままに

2006年最後の日

12月31日(日)ドミ共生活187日目

2006年、大晦日。
日本はお正月までの一週間は、なんでこんなに忙しいんですかね?
街のクリスマスイルミネーションをお正月デコレーションに変え、
各家庭でも、大量の年賀状、家中の大掃除、おせち料理作り…。
こっちで過ごすと、何だかとっても「ゆったり」です。

年賀状は無い。
おせち料理も無い。お正月自体あまり特別視していないようで、
大晦日(というか年越し)を楽しむ人は多いけど、
飾りも料理もやることもクリスマスと同じ。
掃除も普段から蟻が来るから結構念入りにやっていて、
年末だからって特別なことはしないし。
「今年の汚れ、今年のうっちーに♪」なんてやらないようです。

私の大晦日は、プエルトリコから帰省?しているママの妹が
日本の料理を知りたいというので、ちょびっとだけおせち料理を作りました。
黒豆、筑前煮、海老煮、なます…。
人参の飾り切りを教えると、
シニアボラさん宅にお邪魔し、
同期4人と別のシニアボラとで、キムチ鍋をして年越し蕎麦を食べて過ごしました☆
日が変わるときには大量の花火(と爆竹)が。
モニュメントではもちろん、あちらこちらで上がっていました。
日本のように12時ぴったりにカウントダウンという訳じゃなく、
11時半くらいから増えだして、夜中2時までもやっていました。
時間にルーズっていう国民性がまんま出ていて面白かった(^-^;)
また、シニアボラさん宅の窓から見えるのがいい眺め。
存分に楽しませていただきました☆
花火を見ながら2006年を振り返っていました。

2006年も良い年でした。
念願の協力隊に参加できた事がやっぱり一番かな。
活動自体は思うように進まない事が多いけど、
「旅行」だけじゃなく「生活」をすることで、見えてくるもの感じるものが違った。
半年住んでみて、最近になって感じることも多くある。
そして、26年間一緒に住んでいた家族と離れて暮らした、初めての年でもあった。
おばあちゃんが亡くなって、世代交代を感じた1年でもあった。
家族を含めて、いろんな人に支えられて生きている事を実感した1年だった。
どうもありがとう。そしてこれからもよろしくお願いします。
[PR]

by kamu-come-chika | 2006-12-31 11:07 | つれづれなるままに