TOMORROW ~ドミニカ共和国だより~


2006.6.28~2008.3.21、   ドミニカ共和国での青年海外協力隊生活の様子を書き綴っています☆第2の都市サンティアゴで小学校教諭として現場教員に算数指導をしています。  kamucomechika@yahoo.co.jp
by kamu-come-chika

<   2007年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


ブログ

3月31日(土)ドミ共生活277日目

日本では年度終わりの日ですね。
(日本ではもう4月やから新年度開始してるけど)
私の任期もあと1年となりました。
一年後には、日本の職場に復帰している予定です。
(のんびり、ゆったり、ぼちぼち・・・に慣れてしまった私には今から不安ですが)
こちらでは何でもない土曜日ですが、
ちょっと気分転換に、ちょっとけじめつけなるかと、ブログを整理してみました。
いきなり来た人でも見やすいように、カテゴリ別に分けてみました。
今までの日記に写真を入れてみたりもしました。・・・わかるかな?
スキンも変えてみました。美しい「海」を意識。
さぁ!日本にいる皆さん!コッチに遊びに来たくなったでしょ?来て来て☆

ブログを書き出してちょうど1年。
その時その時思った気持ちを忘れないために、
そして離れて暮らす家族や友人に近況報告をするために、書き始めました。
気にかけてくださっている人たちがいるからこそ続けていられます。
ちょっと最近サボり気味でした。
いろんな人の目を考えると、メモとして書いて後で書き直そう・・・
と思いながらそのまま・・・という事多々。
・・・コレ、日本にいたときの学級通信と同じやん。
半分書いて、時期を逃したからってボツになった原稿が何枚あったことか(^^;)
気にかけてくださっている皆様、申し訳ありません。
できるだけ毎日更新を目指します。写真もできるだけupしますね。

・・・と言いながら、明後日から任国外旅行に行ってまいります♪あしからず。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-31 00:30 | このページについて

花火

3月30日(金)ドミ共生活276日目

今日はDía de independecia en Santiago、
独立戦争の際にサンティアゴで大きな戦争があった日です。
大統領が来るとか軍隊行進があるとかいう情報はあったけど
どこでやってるのか何時にやってるのか「?」だったので
私は特に何もしませんでしたが。

夜中11時。
今日もやるかな?と思っていたらやりました!
花火です。
ココの人は何かの記念日があればスグ花火を上げます。
しかも夜中に。11時という今回はちょっと早め。12時くらいに上がる事が多い。
いろんな場所で上がるみたいですが(年越しなんかはあちこちで上がってた)、
そんな時は決まってサンティアゴのシンボルであるモニュメントのところでも上がります。
私の家はモニュメントのスグそばなので(だからいつもうるさいけど)
寝ていてもとび起きる爆発音を聞いて、いつも家の屋根もしくは道で花火観賞をします。
日本みたいにキャラクターものとか滝みたいなのとか
技術的に高度そうなのはあまり無いけど、たまに日本でも見たことないようなのもある。
それがいつもなかなかの数。
日本の花火大会みたいに、決められた時間内での盛り上がりとかも考えないから
じらしたりもしないし、惜しげも無くバンバン上がる。
結構な出費のはずだけど、このお金はどこから・・・?というギモンが残りますが、
美しい花火を見て満足でした。

今日は隣の家の小学生の男の子と見たけど、
もっと情緒&色気の溢れる?暑い河原で浴衣を着ながら見たいな。
同じ花火でも、日本のはしっとりしてるのに比べて、こっちは爆竹と同じカンジ。
中国とかでは花火じゃなく爆竹とかで祝い事をしたりするけど
日本の「情緒」っていいな・・・なんて思います。
何が違うのかな?よくわかんないけど、何かが違う気がする。
f0109097_22291821.jpg
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-30 22:06 | ドミニカ生活&文化

おでんParty

3月29日(木)ドミ共生活275日目

入院中、看病に来てくれたりお見舞いに来てくれたりと、
心配と迷惑をかけてしまったお詫び?に
おでんを作ってサンティアゴメンバーをご招待しました。

大根、じゃがいも、人参、鶏肉、イカ、高野豆腐・・・。
練り物系もごぼうも無いから、ロールキャベツとか邪道なのも入ってるけど。
2晩煮込んだだけあって味もしみてて美味しかった。
我が家のおでんよりはちょっと味付けも濃い目やったけど、
全国各地から来た皆さんには好評でした♪
ちょっと日本の味も・・・と思って作った、
白菜、きゅうり、なすのお漬物も喜んでくれました☆

「おでんは手抜き料理」とか言う人もいるけどそんな事無いもん。
普段使っている大鍋の3倍の大きさはある超巨大鍋をママに借りて
愛情たっぷり時間をかけて、コトコトコトコトコトコト煮込んだおでん。
招待した人全員が来れなかったのが残念だったけど、
みんなに喜んでもらえて今日は嬉しかったです。
今健康で居られるのはみんなのおかげ。
本当にどうもありがとう。今後ともよろしくお願いします。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-29 13:33 | Japón(日本)

お見舞い

3月28日(水)ドミ共生活274日目

午後のSecretaria(秘書:日本の事務)Inocenciaが月曜日から入院。
私が復帰した途端彼女が入院になっちゃったので、お見舞いに行ってきました。
Inocenciaは、すごく働き者。
Secretariaの仕事ってイマイチよくわかんないけど、
午前中のSecretariaは2人で1人分の仕事をしているのに比べて、
彼女は、ちゃきちゃきしていてホントによく働く!
彼女の末娘は2年生の車椅子(といってもベビーカー)の女の子。
道もガタガタのこの国では行動しにくいからと、
毎日彼女を背負ってカロ(乗り合いタクシー)に乗って登下校する、肝っ玉母ちゃん。
校内研修で意見を述べる時も、積極的に意見をする。
教員でもないのに?彼女が教員になればいいのに?・・・なんて思っていたら、
教員志望らしく、現在は教員免許を取るために、夜は学校にも通っているそうです。
全体的に怠け者が多いこの国だけど、こんな人もいるんだ~って感心させられる。
彼女の生き方はカッコイイと思う。
早く治って元気な姿を見せてください。待っています。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-28 12:53 | ドミニカ生活&文化

授業見合いっこ

3月27日(火)ドミ共生活273日目

教師にとって何が一番勉強になるかといえば、
「人の授業を見ること」「自分の授業を見てもらうこと」だと私は思います。
偉い先生の講習を受けるよりも何よりも、「まずは授業」から学ぶ、
それが一番自分を成長させてくれると思っています。
それは日本でも一緒。
日本では研究授業(校内や公開など、レベルは色々あるけど)という形で
お互いに授業を見合って、ダメだしをし合う場があります。
研究授業のために準備をすることで、
子どもの実態把握や、自分の考えをまとめるきっかけになります。
もちろん、それは全て日々の授業でも考えないといけない事ですが、
指導案にまとめる事で、普段見落としている事に気づいたり、
意見をもらえたりするので、とても有効です。

ウチの学校は、私で3代目。
「公開授業」をしよう、とプロジェクト全体でも働きかけ、
今までの先輩隊員も取り組んできています。
今年も2回公開授業をして思ったこと。「授業を見る視点」をもっと育てたい。
何を見たらいいのか、何をアドバイスしたらいいのかわからないから、
反省会では「良かった!」という意見しか出てこないのです。
普段からもっと授業を見合って(これについては日本でも同じ事が言えると思うけど)、
良い点・改善の余地がある点、を書きとめて交流することに
大きな意味があるのでは?と思ったのです。
公開授業をしても、指導案を書くこと・美しい教材を使うこと、だけで
満足してしまっているので、そこからもう一歩前進したい、そう思ったのです。
・・・という事で。
学年会の時間(専科が入っていて子どもの授業をつぶさなくて済むので)を利用して、
各学年一人が授業をして、その学年の先生が授業を見る。
気づいた点をメモして、交流しあう。
一回きりじゃなく、順番に全員が授業をする。
「指導案を書く作業が大変で嫌だ」という意見の多い公開授業の時のように、
指導案は必要ない。普段どおりの授業を行う。
そんな「ClaseCompartida(共有授業)」を提案したのです。
私たち日本人ボランティアから受け取ってばかりではなく、
自分たちで高め合う機会をつくって欲しいという願いをこめて。

入院中にClaseCompartidaの予定をしていた日が来てしまったのですが、
理解を示してくれていた1・2年生担当のCordinadora(教務主任)のOnassisは
私の意図していたように、行ってくれたそうです。
自分たちでやろうという意欲の表れだと思い、すごく嬉しかったです。
3・4年担当のCordinadora(教務主任)のBeatrizは、
事情があったらしく、行えなかったそう。
私自身がいなかったから仕方ないか・・・と思っていたけど、そこからが問題。

授業者が今日やるつもりでいるとの事。
普段どおりの授業でいいよ、指導案は必要ないよ、
そう言っていたけど、本人は超やる気で色々準備をして来ていたらしい。
今日・・・学年会の日じゃないんだけど・・・(>_<)
学年会の日じゃないと、子どもの授業時間をつぶしてやらないといけません。
「放課後」という時間が無く、子どもの下校時刻が先生の勤務終了時刻なので
講習会も、子どもの授業をナシにして行っています。
講習会をする側としては「それだけの価値あるものに!」と準備をしているけど、
今日のような授業のために毎回授業をつぶしていたら全然授業が進みません。

「『まずは先生達が授業をすること』が一番大事だから、今日はできない」
そう言うと、「大丈夫。8年生を呼んだから」。
「・・・それはダメ!8年生じゃちゃんとした授業にならないから」。
この国では、正規の先生が休む時は、本人がSustituta(臨時教員)を探します。
Sustitutaはちゃんとした免許を持っていなくてもOK。
という事でしょっちゅうSustitutaが授業をしている事態が起こっているのですが、
はっきり言って授業になっていません。(もちろんSustitutaにもよるけど)
一番大事なのは「子どもの授業時間を確保すること」。
かなり説得して、やっと何とかわかってもらえたようです。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-27 12:53 | ドミニカ学校&活動

復帰

3月26日(月)ドミ共生活272日目

ちょうど2週間休んで、今日久しぶりに学校に行きました。
早くサンティアゴに帰りたい!と思っていたので、やっと来れた~☆というカンジ。
先生方も子どもたちも心配してくれていて、久しぶりに会えて嬉しかったです。
でも実は、今までにも2週間程度の休暇をとっている人はたくさんいます。
担任も数人、管理職もそれぞれ休暇をとっている時期がありました。
入院でなくとも自宅療養という形で、結構休みます。
だから私の2週間の休みというのはあまり珍しくなく、
私が体調不良で休んでいる事は知っていても、
何の病気で休んでいたのかは知らない人がたくさん。
「元気してたの?大丈夫?なんで休んでいたの?風邪だったの?」という質問攻め。
仲の良い先生達は何度か電話をくれていたので、
「Chikaはデンゲだったのよ。」と他の先生に教えると、
「え~?!デンゲ??もう学校に来ていいの?」とビックリされてしまいました。
校長からも「今週は来なくていいから!ゆっくり治しなさい!」とも言われましたが、
今週末からSemanaSantaという10日間の休みになるので、
休みボケにならないように、実態把握のために来るつもりです。

2週間の間に、なぜか仕事をやめてしまった先生がいました。
担任を持っていたのに・・・そんな急に・・・なぜ?
手術のために1ヶ月休んでいた先生が復帰していました。
まだ本調子じゃないようで、一応来ているけどほぼ自習状態。
ま、健康第一なので仕方ないのかな。

調子の悪かったパソコンが直りました。
パソコンを日本へ一時帰国させるか悩んでいたけど、送らなくても大丈夫そう。
何が原因かは不明・・・。とりあえず直ってホッ。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-26 12:54 | つれづれなるままに

3月25日(日)ドミ共生活271日目

最近は夕方から夜にかけて雨が降るのが多いです。
(例年はそんな事ないらしい。異常気象のようです。)
今日は、お手伝いさんのInezが私の誕生日祝いにと、おうちに招待してくれていました。
彼女の家はSantiago郊外の村。
今までにも何度かお邪魔しましたが、ゆっくり過ごせる素敵な村です。
仲良しのシニアボラさん(Inezが隔週で掃除に行っているのです)の車で
昼前に行き、いいお天気の中、ゆ~っくりとした時間を過ごしました。
以前の下宿人のZaidaも来る予定が、(やはりドミニカ人。約束はしょせん約束)
来るだの来ないだの言っていて、結局来たのが午後3時。
(それでも来てくれて嬉しかった☆久しぶりに会えて嬉しかった☆)

彼女が来た時には、ゴロゴロ・・・と雷サマが。
道は塗装されていないので、雨が降ればすぐに水溜りができてしまいます。
「コレはマズイ!帰れなくなる!」と、Inezが引き止めるのを無視して帰宅。
後で聞いたら、Zaidaが帰る頃には道は川状態で、
太股まで水につかりながら帰ったそうです。
ちなみに、毎日Inezは夕方4時頃ウチから帰り、
毎日川状態の中を濡れながら帰っているそうです。・・・お疲れ様。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-25 12:55 | ドミニカ生活&文化

誕生日会

3月24日(土)ドミ共生活270日目

10日遅れで、同期が快気祝いを兼ねて誕生日会を開いてくれました。
私の好きな海鮮モノのレストランへ行くはずが、
約束の時間1時間前から振り出した雨が大洪水を招いてしまい、
市内のメインロードも予定のレストランの前も膝下くらいまでの海。
諦めて場所を変更して、近くのお店でお祝いしてもらいました。
びしょ濡れの人もいたし、風邪引きの人もいたし、
そこのお店は外であたたかいメニューも無いので、早々と退散しましたが。
久しぶりにみんなでワイワイしゃべれて嬉しかった☆
みんな、どうもありがとう(*^-^*)

ちなみに。
私の部屋も浸水しました。
今まで雨が振り込む事はあっても、
玄関から水が流れて部屋まで水浸しになることは無かった。
ココ一週間、午前中は晴れていても夜は土砂降りの雨が降るのが続いているらしい。
異常なまでのこの気象にちょっとビックリ。
今は「乾季」のはずなんですが・・・はて?
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-24 13:18 | つれづれなるままに

帰宅

3月23日(金)ドミ共生活269日目

本日の血液検査結果。
白血球・血小板共に正常値。
元々貧血気味で、ヘモグロビンはギリギリ。
おうちに帰って鉄分補給します。
・・・という事で、無事サンティアゴへ帰ってきました。
やっっっと帰ってこれた~☆

病気をして初めて、健康のありがたみがわかった気がする。
私はたかだか一週間の入院で済んだけど、
長期入院してる人なんて、毎日点滴・注射生活なんてツライやろうなぁ。
健康体に産んで(育てて)くれた母に感謝です。

おうちに帰って、「サンティアゴ帰って来ましたよ報告」をしようと思ったら・・・。
パソコンがおかしい(>_<)
本体は起動しているのに、画面が映りません。
しかもよ~く見てみると、暗い画面の中でひそかにうっすら動いてる。
つまり、液晶がイカレてしまった様子。
落としてもないし、何の衝撃も与えてないのに~?!
パソコンに強い同期曰く、そういうこともあるらしい。
え~?1年半しか使ってないのに~?購入しないといけないのかも・・・。
現在、別の同期のモニターを借りてネット中。
誰か助けてください~~~。
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-23 13:06 | つれづれなるままに

1年

3月22日(木)ドミ共生活268日目

3月20日、日本の(在籍校の)卒業式でした。
私が教師一年目に担任した当時3年生の子たちが卒業。
その式に出席できなかったのは本当に本当に残念だったけど、
彼らが立派に巣立って行ったと聞き、時の流れを実感。

一人の卒業生が、14日の誕生日に(私は入院していてメール見れなかったんやけど)
誕生日メールを送ってくれて、
「『N先生(私)は、休み時間にいつもドッチボールをしてくれた』
って式で言います。先生には式に出席してもらえないけど、
ちゃんと立派に卒業したよって気持ちが届くといいな。」
・・・って教えてくれた。・・・泣けた。

教師一年目の私は超未熟で(今も未熟者やけど)、
子どもたちにも(保護者にも)、本当にいっぱいいっぱい迷惑をかけたと思う。
今から思えば、なんであんな風にテンパッてたんやろう・・・
なんであんなに悩みまくってたんやろう・・・ていうようなことがたくさんある。
きっと、ダメ先生やったに違いない。
なのに、こんなメールを送ってきてくれて、素直に嬉しかった。
もちろん私と合わなかったコもいるやろう。
迷惑極まりない!って思っているコも(保護者も)いるやろう。
ホントにホントにごめんなさい。
でも、私にとってはすごくあの一年は貴重な一年やった。
きっとあの学年は一生忘れない。私の宝物です。
卒業オメデトウ!これから先も、いっぱいいっぱい悩んで、もっともっと大きくおなりっ!

日本の今日(3月22日)は、終了式。
去年の終了式で、全校生にドミニカ行きを、
「夢」を語ったのが昨日のことのよう。
もう一年も経ったんやな。
私の任期は、来年3月21日まで。
(帰国日なのか、日本到着日なのか、研修終了日なのか・・・は不明)
残り一年を切りました。
ドミニカの学校に何かを残したい。
彼ら(先生たち)の心に何かを刻みたい。
そして、自分自身も成長させたい。
私に今できることは何か、何をすべきか。
あと1年、悩みながらもがきながらやっていきたいと思います。

・・・とりあえず、今できること。
血液検査の結果が吉と出るように早く寝る。
(検査結果が良ければサンティアゴに帰れるの~!早く帰りたい~!)
[PR]

by kamu-come-chika | 2007-03-22 11:46 | つれづれなるままに